ウルトラJ

2018.09.28東京都 大田区

イベント
ウルトラマンとの握手・撮影会にワークショップも開催!「大田の工匠 技術・技能継承展 2018」リポート

ウルトラマン
ウルトラマン

7/25~7/31に、グランデュオ蒲田にて開催されていた「大田の工匠 技術・技能継承展 2018」。こちらの記事でもご紹介したとおり、開催期間中の3日間、ウルトラマンが来場して握手・撮影会が開かれていました。この記事では、7/29に実施された「ウルトラヒーローズ握手・撮影会」と「ものづくり疑似体験 スプリングドラムづくり」の様子をレポートします。当日の会場は、ウルトラヒーロー好きのファミリーや、ものづくりが大好きな子供たちでいっぱいでした!

「大田の工匠 技術・技能継承展 2018」って、そもそもどんなイベント?

2

「大田の工匠 技術・技能継承展」は、大田区でものづくりにたずさわる職人の技術や、技能を継承するための企業の取り組みを紹介するイベントです。国内随一のものづくり企業が集まった大田区の魅力を発信するとともに、未来を担う子供たちが親子でものづくりを楽しめる、ステキな空間となっていました。はじける笑顔がいっぱい!ウルトラヒーローの握手&撮影会

イベントの初日にはウルトラセブンが来ましたが、本日はウルトラマンが登場しました! 撮影会の1時間前から配布された握手・撮影会の整理券は、あっという間になくなりました。ウルトラマンの人気がうかがえますね。

3

ウルトラマンの前で、スペシウム光線のポーズを取る小さな子供たち。ウルトラマンの人気は、やっぱり世代を超えているようです。

4

心なしか、お父さんの方が楽しそうに見えませんか? お父さんにとってもお子さんにとっても、この写真は宝物になりそうですね。

5

こちらは完全にお父さんがお楽しみのようです。整理券、ゲットできてよかったですね!

DSC07404

こちらは女性がお一人で握手&撮影会。ウルトラヒーローの人気は、老若男女を問いません。

7

こちらはワークショップのスタッフも交えた、大所帯での記念撮影。ウルトラマンは、一緒に写る人に必ず優しく手を添えてくれます。強いだけじゃなくて優しい、これこそがヒーローなんですね。

楽しいものづくりを体感! ワークショップでスプリングドラムづくり

IMG本イベントの会期中は、「シルクスクリーン印刷体験」「スプリングドラムづくり」「新幹線ワークショップ」といったワークショップが行われていました。取材当日は「スプリングドラムづくり」。スプリングドラムはインド生まれの楽器で、振ればカミナリのような音が出て、叩けば太鼓になります。今回はポテトチップスの円筒ケースに、バネを取り付けたスプリングドラムを作りました。

9
スタッフがスプリングドラムの構造や、部品の取り付け方を丁寧に教えてくれます。

10
小さいお子さんはお母さんと一緒に作ります。でも、お母さんもちょっと迷ってるみたいです。

11
12
円筒ケースの底に開けた穴に、バネを取り付けていきます。

13
バネを取り付け終わったら、外周をキレイに飾り付けます。女の子はやっぱり、かわいい色を選ぶようですね。

14

15
ウルトラヒーローのシールもちゃんと用意されていました! カラフルな色もあって、スプリングドラムの仕上げはバッチリです。

16
スタッフによる、スプリングドラムの完成品サンプルです。ウルトラヒーローのワンポイントがいい感じですね! また、見た目からは想像できないような大きな音が出ます。作り方も意外なほど簡単だったので、夏休みにお子さんと一緒に作ってみるのも楽しそうです。

今回ワークショップを開催した「くりらぼ多摩川」は、普段は大田区矢口の工場長屋内でワークショップや体験イベントなどを開催しています。「モノづくりおおたProject」の一環として、一般社団法人・大田観光協会が運営。魅力ある「モノづくりのまちづくり」 をテーマにした、地域交流拠点として利用されています。大田区のモノづくりのパワーを実感できる施設です。ホームページでイベント予定を確認のうえ、訪れてみてはいかがでしょうか?

17

「大田の工匠 技術・技能継承展」は、モノづくりの楽しさを親子で楽しめる、素晴らしいイベントでした。ちなみに、取材の2日後となる最終日の握手・撮影会は、ウルトラマンタロウが駆けつけてくれました。もし、また開催されるなら、ウルトラマンだけでなくセブン、タロウとも会いたいですね! そういったウルトラマンに関連するイベント情報は、ウルトラJでもお知らせしますので、ぜひお気に入りに入れて、定期的にチェックしてみてください。