ウルトラJ

2017.01.09

特集
【3分でわかるニッポンの伝統工芸】静岡:駿河竹千筋細工

駿河竹千筋細工
出典:http://kougeihin.jp/item/0614/

静岡県に竹文化が根付いていることを知っていますか?

府中にある安部川やその支流を含む流域で、古くから良質な竹が取れた静岡県。同県にある登呂遺跡から竹のザルやカゴが出土されることからもわかるとおり、弥生時代にも生活用具として竹製品が使われていました。江戸時代初期には、武士の内職として竹細工が作られるようになると、さらに技術が向上し、工芸品として当時の旅人のお土産として親しまれました。

「駿河竹千筋細工」とほかの竹細工の違いは、細く削られた竹、「ひご」が丸いことです。ひごの丸さは、「駿河竹千筋細工」のデザインに柔らかい印象を与えます。高いデザイン性は、現代のインテリアにもマッチするように考えている職人たちの努力の賜物です。日本文化を愛する海外のお客様や、大切な方への贈り物としておすすめですよ!

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「駿河竹千筋細工」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02