ウルトラJ

2017.01.18

特集
【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京指物

京指物
出典:http://kougeihin.jp/item/0619/

「指物」がどんなものか知っていますか? 「指物」とは、板や棒を使って組み、指し合わせて作るものです。今回ご紹介する「京指物」は、箪笥を想像される人も多いのではないでしょうか。さまざまな技術を駆使して作られる「京指物」は、箪笥や箱といった家具調度品だけではなく、茶道具、飾り棚、ランプのかさ、一輪挿しなど、驚くほど幅広い製品が展開されています。

「京指物」の起源は平安時代といわれています。箪笥や棚、机などの需要が増えたことで、専門に作る指物師が誕生しました。「京指物」の代表的な材料は桐です。木目をそのまま活かすように、配慮された仕上げが「京指物」の自然な美しさにつながっています。桐は水気にも熱にも強いので、生活に使うのにぴったりの素材です。指物師たちが作る機能を兼ね備えた美しさが、宮廷文化のなかで愛された理由かもしれませんね。

現代でも技術を高め続ける職人が、逸品「ワインクーラー」を生み出しました。世界で愛されるドン・ペリニヨンの公認ワインクーラーとして採用されたことで、「京指物」にさらなる注目が集まっています。ワイン好きの方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「京指物」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02