知っておきたい「ねぶた」と「ねぷた」の違いとは? 青森県の「ウルトラな祭り」5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

rd1200_sp_matsuri_banner01

日本全国各地でたくさんのお祭りが開催されていますが、迫力を感じるのは山車祭りではないでしょうか。なかでも「青森ねぶた祭」は豪華絢爛なねぶたとハネトの熱気に圧倒されてしまいます。ちなみに「ねぶた」は主に青森、「ねぷた」は弘前で行われるという地域の違いがあります。ここでは、そんな青森県のお祭りを紹介します。

 


up01東北三大祭りのひとつ、「青森ねぶた祭」

青森ねぶた祭
出典:http://www.aptinet.jp/gallery.html

青森といえば、やはり「青森ねぶた祭」。実際に見たことがなくても、テレビや雑誌で一度は目にしたことがあるのではないのでしょうか。20数台の大型ねぶたが「ラッセラー! ラッセラー!」とハネト(跳人)たちの掛け声と共に街中を練り歩く姿、は迫力もさることながら幻想的でもあります。また、見るだけではなく、正装衣装を着ていれば誰でも参加することが出来ます。レンタル衣装もあるそうなので、祭りの輪の中へ参加してみてはいかがでしょうか?

「青森ねぶた祭」
開催日程: 2016年8月2日(火)~7日(日)
開催会場:青森市中心部
公式サイト:http://www.nebuta.jp/

 

up02およそ290年の歴史と伝統の「八戸三社大祭」

H27三社・お還り-3-1
出典:http://www.aptinet.jp/gallery.html

約290年の歴史と伝統を誇る八戸地方最大のお祭り「八戸三社大祭」。国指定重要無形文化財で、山車以外にも神輿行列や「虎舞(とらまい)」、「法霊神楽(ほうりょうかぐら)」といった郷土芸能を楽しむことが出来ます。日によって、「お通り」と「お還り」では神社行列と山車は違うルートを練り歩き、「中日」には夜にライトアップされた山車が運行されます。「前夜祭」と「後夜祭」の山車の一斉展示はお囃子の実演も相成って、目も耳で楽しむことが出来ます。

「八戸三社大祭」
開催日程:2016年 7月31日(日)~8月4日(木)
開催会場:八戸市中心街
公式サイト:http://www.hachinohe-cb.jp/festival02.html

 

up03最大9メートル超の大型ねぷたが必見!「弘前ねぷたまつり」


弘前ねぷたまつり
出典:http://www.aptinet.jp/gallery.html

享保7年(1722年)に津軽藩5代藩主・信寿公が見物した記録が残されている、「弘前ねぷたまつり」。小型のものから順に運行されて、後半になればなるほど大きな「ねぷた」が見られるのです。子もたちが手に持つ可愛らしい「金魚ねぷた」、文字通り扇型をした「扇ねぷた」、人形型の「組ねぷた」など、様々なねぷたが楽しめます。ちなみにねぷたとは、‶眠たい〟が訛ったものといわれています。

「弘前ねぷたまつり」
開催日程: 2016年8月1日(月)~7日(日)
開催会場:弘前市内
1日~4日:土手町コース、
5日~6日:駅前コース
7日土手町なぬか日コース
公式サイト:http://www.city.hirosaki.aomori.jp/

 

up04平成10年に80年振り復活した「五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)」


五所川原立佞武多
出典:http://www.aptinet.jp/gallery.html

青森三大佞武多にも数えられている「五所川原立佞武多」。1996年に有志によってねぷたが復元され、現在によみがえりました。最大高さ約23メートル、重さ約19トンの立佞武多が「ヤッテマレ! ヤッテマレ!」の掛け声とともに、五所川原市街地を練り歩きます。迫力のあるお囃子と山車の大きさに圧倒されがちですが、山車は一台一台テーマを持って細かく造形され、鮮やかな色使いがされています。そんな立佞武多に火が燈った姿はとても優美で、力強いお囃子のバランスも絶妙ですね。

「五所川原立佞武多」
開催日程: 8月4日(木)~8日(月)
開催会場:五所川原市内
公式サイト:http://www.tachineputa.jp/

 

up05馬のせり市から始まった祭り「つがる市馬市まつり」


つがる市馬市まつり
出典:http://www.aptinet.jp/gallery.html

馬の形をしたねぶたが街を練り歩く「つがる市馬市まつり」。つがる市木造地区は、東北三大馬市に数えられるほどの賑わいをみせた馬の競り市があった地区です。しかし、農作業の機械化によって耕作馬の競り市は衰退していき、新田開発に尽くして亡くなった馬たちの霊を慰めるとともに地域活性化を図ろうと「馬市まつり」は始まりました。亡馬の霊を昇天させるため最終日に点火される様は、まさに圧巻ですね!

「つがる市馬市まつり」
開催日程:2016年8月26日(金)~28日(日)
開催会場:つがる市商工会前 ほか
公式サイト:http://www.city.tsugaru.aomori.jp/

プロフィールPROFILE

シェパードン篠原

猫をこよなく愛する群馬生まれの新米。ちょっとでも記事から魅力が伝わればいいなと日々精進中。

前の記事へ

日本全国の魅力を拡散する「ウルトラJ」プロジェクト、始動。

日本全国の魅力を拡散する「ウルトラJ」プロジェクト、始動。

次の記事へ

岐阜和傘とアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」が美麗なコラボ。繊細に作られる和傘の魅力とは?

岐阜和傘とアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」が美麗なコラボ。繊細に作られる和傘の魅力とは?

関連記事RELATED ARTICLE

世界記録達成の「盛岡さんさ踊り」や天下の奇祭も 岩手県の「ウルトラな祭」5選

ガラス × 漆が美しい! 万華鏡をモチーフにした漆硝子のシリーズ「hyakushiki」

【2000年のウルトラマンといえば?】『ウルトラマンティガ』の完全完結版が劇場公開! 50年の歴史を振り返る・その35

【岡山グルメ特集】第2回地場もん国民大賞金賞獲得の逸品 「海餐の宴 牡蠣のアヒージョ」を食レポ!

【2013年の岡山城】池田忠雄の遊息所・東湖園が閉園 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その48

能登半島の夜を彩る日本一の巨大な灯籠・キリコとは? 石川県で開催される「ウルトラな祭」5選

【2011年のウルトラマンといえば?】ウルトラマン生誕45周年! 50年の歴史を振り返る・その46

【2017年】新年のご挨拶

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】福岡:博多人形

キーワードKEY WORD