【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:塩沢紬

このエントリーをはてなブックマークに追加
塩沢紬
出典:http://kougeihin.jp/item/0111/

新潟県魚沼市の塩沢には、4つの織物があることをご存知でしょうか? 今回ご紹介する「塩沢紬」は、その織物の1つです。

塩沢地方では、織物が古くから作られており、1200年前に織られた麻布が奈良県の東大寺にある正倉院に、現在も保存されています。このころの技術を、絹織物に活かしたものが「塩沢紬」です。「塩沢紬」が確立されたのは、1764~1771年頃と言われています。

「塩沢紬」の特徴は、「摺り込み」と「括り」と言われる染め方で色を付けられた糸で制作することです。「蚊絣(かがすり)」と呼ばれる十字形の絣で虫の蚊のように細かい柄と、「亀甲絣」と呼ばれる亀甲模様で構成された絣模様は、落ち着きがあり上品な仕上がりになっています。

塩沢では織物文化を広めるべく、塩沢の4つの織物を総合して紹介している「塩沢つむぎ記念館」があります。そこでは「機織り体験」と、織物アート体験の2つに分けて各種体験教室を開いています。ハンドメイドの間では、織物が徐々にブームになりつつあるいま、本格的な体験をしてみるのもおすすめですよ!

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「塩沢紬」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

前の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】長野:信州紬

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】長野:信州紬

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京仏壇

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京仏壇

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】和歌山:紀州箪笥

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】石川:金沢漆器

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:東京染小紋

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛知:名古屋友禅

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】鳥取:弓浜絣

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:十日町明石ちぢみ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:新潟漆器

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:燕鎚起銅器

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京うちわ

キーワードKEY WORD