ウルトラJ

2017.02.10

特集
【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:東京手描友禅

東京手描友禅
出典:http://kougeihin.jp/item/0202/

東京の川で、かつて友禅流しの光景が見られたことをご存知ですか? 「友禅」と言えば、京都や石川が有名ですが、東京にも独自に発達した「友禅」があります。

1800年代頃に京都から江戸の街に友禅の技法が伝わりました。当時は上方からの産物が多く、江戸に色々なものが集まっていました。そんな時代の波に乗り、大名お抱えの染め師らも江戸に移り住んだことから、友禅の技法や道具などが広がったのです。

「東京手描友禅」の特徴は、「渋くて地味」です。それは、幕府が町民に華美な服装をしてはいけないという、規制を敷いた時代のなごりです。ですが、江戸っ子は負けません。表地は地味な縞模様、裏地は華やかな友禅を忍ばせていたこともあったそうです。商人台頭の時代に合わぬ規制を乗り越えた「東京手描友禅」は、現代においてもモダンと称される逸品です。友禅染めの体験教室も定期的に行われていますので、粋な伝統をぜひ体験してみてください。

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「東京手描友禅」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02