【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:小千谷縮

このエントリーをはてなブックマークに追加
小千谷縮
出典:http://kougeihin.jp/item/0112/

織物「越後麻布」に、「しぼ」という独特のしわを入れると違う織物になることを知っていましたか? 新潟は、織物文化が栄えたところです。「小千谷縮(おぢやちぢみ)」は、明石の藩士・堀将俊がこの地方で織られていた「越後麻布」改良を加えて、夏用の着物に適した生地を生み出しました。

緯糸(よこいと)に強いよりをかけて布を織りあげることで、仕上げの工程で「しぼ」が生まれます。この「しぼ」の凹凸が、夏の汗で布が肌にまとわりつくのを防いでくれます。麻は通気性もよく、水に強い素材です。

汗をかく季節だからこそ、洗濯を心置きなくできるのはうれしいですよね。現在も手織りで時間のかかる商品だけに、量産はされていません。着物を愛する人にはぜひ、一度手に取っていただきたい逸品です。

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「小千谷縮」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

前の記事へ

映画『君の名は。』効果で人気上昇中! 自分で作れる組紐体験教室3選

映画『君の名は。』効果で人気上昇中! 自分で作れる組紐体験教室3選

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】福井:越前和紙

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】福井:越前和紙

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸木目込人形

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】鹿児島:本場大島紬

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】石川:牛首紬

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】宮城:雄勝硯

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】長野:松本家具

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸べっ甲

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】沖縄:八重山ミンサー

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:塩沢紬

「マガニヅケ! これでも食らえッ!」 ウルトラ【まる怪】グルメ 第9回〜佐賀編〜

キーワードKEY WORD