【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸からかみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
江戸からかみ
出典:http://kougeihin.jp/item/1403/

「からかみ」とは、なにかご存知でしょうか。こちらは漢字で「唐紙」と書くのですが、日本のインテリアに欠かせない紙素材です。

「からかみ」の歴史は、平安時代に京都で和歌をしたためる紙として使われていたころからになります。鎌倉~室町時代からつい立て、屏風、襖、壁紙などのお部屋を飾る装飾材料として使われていきます。江戸時代になると武家や公家をはじめ、商人などのお家にも普及しました。京都で発展してきた「からかみ」は、「京からかみ」と呼ばれ、江戸で作られたものは「江戸からかみ」として確立していきました。

「江戸からかみ」は、町人などに愛されていただけに、自由でのびやかな文様に需要がありました。自然の草木、花といった季節を感じられる、身近な美しさを反映させた文様が多いのが特徴です。現代においても、ホテルや商業施設、寺社仏閣の修繕、ランプシェードなどに使われているようです。旅館などで美しい襖に出会ったときに、じっくりとご堪能ください。お家を建てる時のインテリア材としてもおすすめです。

■もっと詳しく「江戸からかみ」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

前の記事へ

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「雷門」

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「雷門」

次の記事へ

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草寺」

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草「浅草寺」

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】熊本:山鹿灯籠

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸木目込人形

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】鹿児島:本場大島紬

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】石川:牛首紬

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】宮城:雄勝硯

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】長野:松本家具

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸べっ甲

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】沖縄:八重山ミンサー

【浅草】佐藤蛾次郎さんが「男はつらいよ」の衣装で登場! 「第9回したまちコメディ映画祭 in 台東」レッドカーペットレポート

キーワードKEY WORD