【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛知:名古屋仏壇

このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸時代にはすでに専門店が存在していたとされる伝統的工芸品「名古屋仏壇」。豪華な仏壇を手がける職人の歴史をご紹介します。


出典:http://kougeihin.jp/item/0808/

江戸時代から現在まで有数の仏壇生産地として知られており、水害が多い地域のため台が高く「まくり」があることが特徴の「名古屋仏壇」。

「八職」とよばれる木地師、荘厳師、彫刻師、塗り師、蒔絵師、外金物師、内金物師、箔置き師にくわえ、天井師、呂色師、仕組師の各工程ごとに職人が分業制で担当しており、各宗派の様式にあわせて豪華な仏壇が作られていきます。

時代のニーズに合わせて仏壇もさまざまな形が作られていますが、その1つ1つが熟練の職人の手によって生み出されていると思うと、違った魅力が見えてくるのではないでしょうか。ぜひ「名古屋仏壇」の製品や職人技にご注目ください。

■もっと詳しく「名古屋仏壇」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

前の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:加茂桐箪笥

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:加茂桐箪笥

次の記事へ

メトロン星人の部屋で記念撮影ができる! 「うまし、なつかし昭和ホリデー」イベントレポート

メトロン星人の部屋で記念撮影ができる! 「うまし、なつかし昭和ホリデー」イベントレポート

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山梨:甲州印伝

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】兵庫:播州三木打刃物

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】和歌山:紀州へら竿

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京くみひも

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山梨・甲州水晶貴石細工

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】岐阜・美濃和紙

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】千葉・房州うちわ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】宮城:鳴子漆器

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山形・置賜紬

キーワードKEY WORD