【3分でわかるニッポンの伝統工芸】三重:伊賀くみひも

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年に公開された『君の名は。』の影響で、全国的に注目が集まっているくみひも。本日はその名の通り三重県伊賀市を中心に作られている伝統的工芸品「伊賀くみひも」をご紹介します!


出典:http://ur0.biz/DkKT

正確な資料は残っていないものの奈良時代以前に大陸から技術が伝わったとされている「伊賀くみひも」。明治以降に和装の普及と京都にほど近い立地も相成って、産業として発展して現代まで受け継がれています。

「伊賀くみひも」は、古くは仏具などに使われており武士の甲冑や刀の紐にも使用されてきました。さらに伊賀と言えば忍者でも有名ですが、当時の忍びたちは紐の結び方で仲間と合図を取っていたとも言われています。現在ではメガネチェーンやアクセサリーなど、日常を彩る小物類にも。

映画の影響で実際にくみひもを作ってみたいと思う方も多いと思いますが、「伊賀くみひも」も簡単に作れる体験イベントを各所で行っています。ぜひ一度自分の手で組み上げてみてくださいね。

■もっと詳しく「伊賀くみひも」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

前の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】岐阜:岐阜提灯

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】岐阜:岐阜提灯

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛知:名古屋黒紋付染

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛知:名古屋黒紋付染

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山梨:甲州印伝

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】兵庫:播州三木打刃物

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】和歌山:紀州へら竿

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京くみひも

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山梨・甲州水晶貴石細工

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】岐阜・美濃和紙

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】千葉・房州うちわ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】宮城:鳴子漆器

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山形・置賜紬

キーワードKEY WORD