ウルトラJ

2017.05.08

特集
【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛知:名古屋黒紋付染

黒色が美しい愛知の伝統的工芸品「名古屋黒紋付染」。その歴史をご紹介します!


出典:http://kougeihin.jp/item/0206/

江戸時代のはじめに、尾張藩の旗印や幟(のぼり)を製造したことから発展していった「名古屋黒紋付染」。紋当金網付けという技法によって布に白い部分を残し、そこに紋を描いていくことで作られます。

深みのある黒色は、代々受け継がれてきた技法をもとにして、現在でも職人が手間暇をかけて染め上げています。時間をかけて染め抜くことで、経年劣化による変色がおこりにくくいつまでも色あせない「名古屋黒紋付染」が生み出されていくのです。

現在では着物の需要は減ってしまいましたが、ストールや手ぬぐいなどの商品に技術が活かされています。目をひく黒色をファッションのワンポイントとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

■もっと詳しく「名古屋黒紋付染」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02