ウルトラJ

2017.05.10

特集
【3分でわかるニッポンの伝統工芸】沖縄:琉球絣

『ウルトラマン』シリーズを手がけた脚本家・金城哲夫さんの故郷、沖縄県・南風原町。その街で作られる伝統的工芸品「琉球絣(かすり)」をご紹介します!


出典:http://kougeihin.jp/item/0130/

琉球王国だった14世紀から15世紀の頃、東南アジアから交易により絣が伝わってきたことから始まる「琉球絣」。その後、沖縄の地の気候にあわせて独自の絣が作られていき、やがて日本各地にも広まり全国の絣のベースとなっていきました。

「琉球絣」の特徴は、幾何学模様によって描かれる清涼感あるデザインです。図柄は約600種類あり、各工程を分業制のもと職人たちが力を合わせて制作。「琉球かすり会館」近くの織物工房が集まっているエリア「かすりロード」は、散策スポットとしても有名で沖縄の文化を肌で感じることができます。

南風原町では、金城哲夫さんにちなんで『ウルトラマン』関連のイベントも多く開催されています。ぜひ『ウルトラマン』に縁がある地の伝統的工芸品にも、ご注目ください!

■もっと詳しく「琉球絣」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02