ウルトラJ

2017.05.14

特集
【3分でわかるニッポンの伝統工芸】富山:庄川挽物木地

木目を引き立てつつ、温かみある製品が作られている富山県の伝統的工芸品「庄川挽物木地(しょうがわひきものきじ)」。その歴史と魅力をご紹介していきます!


出典:http://kougeihin.jp/item/1501/

加賀藩の木材を庄川の流れを利用して輸送する事業が16世紀末に始まり、19世紀後半に庄川町でろくろ木地の商売が行われるようになったことに起因する「庄川挽物木地」。それぞれ持ち味が違う材木を活かした製品が現在も作られています。

「庄川挽物木地」は、半年から1年ほど製材された木材を乾燥させ、いくつかの工程を経てからろくろを回して削り出していきます。一人前になるまでには時間がかかりますが、技を習得したら思い通りの形を創り出していけるようです。

量産されるプラスチック素材とは違った温もりを感じられる「庄川挽物木地」。日ごろの生活にぜひ取り入れてみてください。

■もっと詳しく「庄川挽物木地」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02