京都三大祭りに送り火も! 京都府の「ウルトラな祭」5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

rd1200_sp_matsuri_banner01

夏といえばお祭り。花火の音やお囃子の音色が聞こえてくると、きっとみなさんの胸も高鳴るはず。古き日本の姿を残す、千年の都・京都では、「祇園祭り(ぎおんまつり)」をはじめ、伝統的で美しい祭りが数多く行われています。

「祇園祭り(ぎおんまつり)」は先月で終わってしまいましたが、京都三大祭りのほかのお祭りや送り火は、これからのシーズンで楽しめます! そんな京都のウルトラな祭りをまとめてご紹介します。


up01京都に現れる時代絵巻物!「時代祭り」

zidai
出典:http://photo53.com/

明治28年、平安遷都1100年を記念して、桓武天皇を祭神に造営された平安神宮の紀念祭として挙行されたのが、「時代祭」の始まりです。見どころは〝生きた時代絵巻〟とも言われる大行列。明治維新の時代を先頭に、江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と8つの時代を20の列と総勢約2000名で構成され、その長さは約2kmにもなります。衣装や祭具は綿密な時代考証のもと京都の伝統工芸技術によって造られ、それぞれの時代を細部まで再現しています。

秋、紅葉の季節。時代を描いた圧巻の大行列を、ぜひ現地にてお楽しみください。

「時代祭」
開催日程:10月22日(雨天延期)
開催場所:京都市 平安神宮 ほか
公式サイト:https://www.kyokanko.or.jp/jidai/index.html

 

 

up02古き王朝風俗を体験! 平安時代が蘇る「葵祭」

aoi
出典:http://photo53.com/

「葵祭」は正式には「賀茂祭」といい、「祇園祭」「時代祭」とならぶ京都三大祭りのひとつです。その歴史は長く、「源氏物語」や「枕草子」にも登場しています。中でも見どころとなるのが、「路頭の儀」という優雅な平安装束の行列です。平安時代風の着物に身を包んだ約500人の人々が、京都御所から出発して上賀茂神社へと続く約8キロの道のりを練り歩きます。日本の祭りの中でも数少ない、王朝風俗の伝統が色濃く残された祭りです。

biwamoriさん(@biwamori)が投稿した写真

厳かな雰囲気を感じさせる、古来より続くお祭りです。春の気持ちいい季節に行われるので、行楽とともに訪れてみてはいかがでしょうか。

「葵祭」
開催日程:5月15日(毎年)
開催場所:京都市 京都御所ほか
公式サイト:https://www.kyokanko.or.jp/aoi/index.html

 

up03京都の夏を彩る1か月「祇園祭り」

gionn
出典:http://photo53.com/

京都の夏といえば「祇園祭」。京都三大祭や日本三大祭、日本三大美祭など、さまざまな三大祭に数えられる日本を代表するお祭りです。毎年7月1日から31日まで、1か月間の長丁場で開催されますが、見どころはお祭りのハイライトでもある「山鉾巡行」。長刀鉾を先頭に23基の山鉾が、京都の中心部を巡行します。日本人なら一度は見ておきたいお祭りの1つですね。

@kyoto.nara.collectionが投稿した写真

今年はすでに終了しましたが、来年へ向けて、今から旅行のプランを立て、準備をしてみても良いかもしれませんね。

「祇園祭」
開催日程:7月1日~7月31日(毎年)
開催場所:八坂神社 ほか
公式サイト:http://www.yasaka-jinja.or.jp/

 

up04京の夜に浮かぶ巨大な〝大〟「京都五山送り火」

okuribi
出典:http://photo53.com/

夜空に浮かび上がる、炎の大の字。一度はテレビなどでも見たことがあるのではないでしょうか。東山如意ケ嶽の「大文字」のほかに、大北山の「左大文字」、松ケ崎西山と東山の「妙法」、西賀茂船山の「船形」、そして嵯峨鳥居本曼荼羅山「鳥居形」があり、それぞれの形が5分おきに点火され浮かび上がってきます。どうして行われるようになったかの起源は諸説あるようですが、美しく迫力のある送り火は、これからも受け継がれてほしいですね。

Takamichi Chibaさん(@takam1)が投稿した写真

にゃごさん(@nyago.u)が投稿した写真

実際に観に行くとその光景は感動の一言。是非訪れてみてください。

「京都五山送り火」
開催日程:10月22日(雨天延期)
開催場所:京都市内
公式サイト:https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/index.html

 

up05火の粉舞う勇壮な奇祭!「鞍馬の火祭」

himaturi
出典:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/himatsuri/kurama/gallery2009.php

京都三大奇祭にも数えられる「鞍馬の火祭」。「サイレイ、サイリョウ」のかけ声とともに、鞍馬の里を松明の炎で埋め尽くしていく、美しい祭りです。祭りは午後6時頃から始まり、クラマックスに向けて、だんだんと激しさを増し、百数十本もの松明が集まりだします。男たちが数人がかりでかかえる大松明、間近で見るとその熱さをダイレクトに感じられそうですね!

Miyabi Tさん(@miyabihoshiimo)が投稿した写真

ユリネさん(@magumagur0)が投稿した写真

見るからに熱が伝わって来るこのお祭り。10月に開催されるので、今からでも旅行プランを組んでみては?

「鞍馬の火祭り」
開催日程:10月22日(毎年)
開催場所:京都市左京区鞍馬本町 由岐神社一帯
公式サイト:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/himatsuri/kurama/index.php

 

京都にお住いの方はもちろん、これから京都へ旅する際には、こんなウルトラな祭りを目指してみてはいかがでしょうか。

プロフィールPROFILE

メトロン佐伯

北陸在住のちゃぶ台とタバコをこよなく愛する29歳。地方の魅力を発信し、人間同士が信頼し合う社会を目指す! ……え、何故ですって?

前の記事へ

マンガの世界に泊まれる!? フロア毎に様々な日本を表現したホテル「SHIBUYA HOTEL EN」

マンガの世界に泊まれる!? フロア毎に様々な日本を表現したホテル「SHIBUYA HOTEL EN」

次の記事へ

13万㎡の大自然に囲まれて過ごす贅沢! 宮城県・蔵王山麓の森林温泉リゾート「ゆと森倶楽部」

13万㎡の大自然に囲まれて過ごす贅沢! 宮城県・蔵王山麓の森林温泉リゾート「ゆと森倶楽部」

関連記事RELATED ARTICLE

世界記録達成の「盛岡さんさ踊り」や天下の奇祭も 岩手県の「ウルトラな祭」5選

伊達政宗や七夕といえばここ! 宮城県の「ウルトラな祭」5選

夜を彩る竿燈まつりや日本一の大文字焼 秋田県の「ウルトラな祭」5選

知っておきたい「ねぶた」と「ねぷた」の違いとは? 青森県の「ウルトラな祭り」5選

皇室献上米にも選ばれた岐阜飛騨のブランド米 「銀の朏(ぎんのみかづき)」

【2016年ウルトラJ振り返り企画vol.2】ウルトラJのニッポン応援企画としてパラリンピック全競技のルールを紹介

【2005年の岡山城】後楽園の風物詩「幻想庭園」 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その40

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】福島:大堀相馬焼

アニメ映画監督・細田守さんの軌跡が一堂に 特集のショートPVが公開中

キーワードKEY WORD