『ぼのぼの』のいがらしみきおさんがメインビジュアルを担当! 10回目を迎える下町の映画祭が今年も開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの美術館や博物館が建つ芸術の街・上野と、今なお下町人情にあふれ海外からの観光客にも高い人気を誇る浅草。その2つの「下町」を舞台にして行われる「したまちコメディ映画祭 in 台東」(通称・したコメ)が、今年でついに10年目を迎えました。

ウルトラJでは昨年おこなわれた第9回「したコメ」を、総合プロデューサーを務めるいとうせいこうさんのインタビューなどを含む特集でお伝えしましたが、本年度の「したコメ」のメインビジュアルが公開されました

null

『野良スコ』や『紙兎ロペ』などを手がけたアニメーション監督・内山勇士さんの第9回に続いて、今回のメインビジュアルを手がけられたのは、根強いファンを持つ4コママンガ『ぼのぼの』の作者・いがらしみきおさん! 上野といえばの西郷さんの後ろには、『ぼのぼの』や『忍ペンまん丸』といったいがらしさんの代表作のキャラクターも描かれています。下町の映画祭らしい活気のあるメインビジュアルです!

null

▲いがらしみきおさん

2017年度の「したコメ」開催日程は、2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)の4日間となっています。レッドカーペットは登場する監督や俳優の方との距離も近く、とても親しみやすい映画祭となっています。映画を楽しんだ後は、浅草寺など有名な観光スポットを満喫することもできますよ! 普段映画をよく観る人もあまり馴染みがない人も、ぜひ第10回「したコメ」にご注目ください。

shitakome_logo_yoko_s

開催日程:2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)
公式サイトはこちら

©いがらしみきお/「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会

前の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】熊本県の伝統的工芸品をひとまとめ!

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】熊本県の伝統的工芸品をひとまとめ!

次の記事へ

ニッポンの笑いを支えてきた日本コメディ会の巨匠・小松政夫さん 下町の映画祭で表彰決定!

ニッポンの笑いを支えてきた日本コメディ会の巨匠・小松政夫さん 下町の映画祭で表彰決定!

関連記事RELATED ARTICLE

【2016年ウルトラJ振り返り企画vol.3】山田洋次監督がコメディ栄誉賞を受賞した「したまちコメディ映画祭 in 台東」を特集 

【ウルトラインタビュー】ショートアニメ「野良スコ」「紙兎ロペ」でおなじみの内山勇士監督に下町の魅力を伺いました!

【ウルトラインタビュー】声優界のレジェンド・羽佐間道夫さん 「ことば遣いを丁寧にするっていうのは、やっぱり良い映画にしか潜んでいないんだよ」

いとうせいこうさんが語るウルトラマン・映画・下町の魅力とは? 「面白いから来てくださいじゃなくて、みんなで観るから面白いんですよ」 【ウルトラインタビュー】

下町育ちの江戸っ子!「シン・ゴジラ」特殊造形プロデューサー・西村喜廣さんの特撮ファン必読エピソードとは?【ウルトラインタビュー】

宮藤官九郎さんが手がけた衝撃の新作歌舞伎 舞台挨拶付きで「大江戸りびんぐでっど」が上映

倍賞千恵子さんがサプライズ登場! 山田洋次監督のリスペクトライブ&クロージングイベントレポート

故・中村勘三郎さんの想いがこもった「大江戸りびんぐでっど」の魅力とは?

映画祭マニアがお勧めする、日本各地の映画祭の楽しみ方 「映画祭は音楽フェス感覚に近いんですよ!」

キーワードKEY WORD