ウルトラJ

2017.06.16

特集
ニッポンの笑いを支えてきた日本コメディ会の巨匠・小松政夫さん 下町の映画祭で表彰決定!

昨年ウルトラJでも特集でお伝えした、上野と浅草で行われるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭 in 台東」(略称・したコメ)。本年度は記念すべき第10回目の開催となり、毎年笑いを通じて人々を楽しませてきたコメディアンやコメディに関わる人を表彰する「コメディ栄誉賞」を贈呈しています。

第5回目はザ・ドリフターズ、第8回目はビートたけしさん、昨年の第9回目は『男はつらいよ』などを手がける国民的監督・山田洋次さんが受賞されてきましたが、第10回目の受賞者が発表されました!

komatsu_shitakome_s

記念すべき第10回目の「コメディ栄誉賞」の受賞者は、小松政夫さん! 日本を代表するコメディ俳優である植木等さんの付き人として芸能界入りし、数々のバラエティ番組や『水戸黄門』シリーズにも出演。2011年からは日本喜劇人協会第 10代会長も務めているなど、名実ともに日本のコメディ界を代表する存在といえるでしょう。そんな小松さんの受賞コメントが到着!

「喜劇発祥の地、浅草・上野で開催されている映画祭、そして喜劇の偉人たちが受賞されているコメディ栄誉賞、とても嬉しいです。ありがとうございます。これからもコメディの楽しさ、素晴らしさ、そして凄さを少しでも多くの人に伝えたいと思います。どーかひとつ!! これからもよろしくお願いします」

映画祭では「コメディ栄誉賞」受賞者にちなんだ上映も毎年行われています。昨年は山田洋次監督の代表作にして国民的映画の1つ『男はつらいよ』や、吉永小百合さん主演の映画『母と暮せば』が上映。今年はどんな作品が上映されるかにも、ご注目ください!

null
開催日程:2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)
公式サイトはこちら
第9回「したコメ」のウルトラJ特集記事はこちら

©いがらしみきお/「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会