「長崎くんち」や10mの竹の上での曲芸「竹ン芸」など! 長崎県の「ウルトラな祭」5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

rd1200_sp_matsuri_banner01

長崎といえば映画にもなった「精霊流し」が一番有名かもしれません。厳かな雰囲気で行われると思いきや、爆竹が鳴り響たりする少し派手な行事です。そのほか、異国情緒あふれるお祭りもある長崎県のお祭りを紹介します。

 


up01様々な作品の題材にもなった長崎の「精霊流し」

精霊流し
出典:http://www.at-nagasaki.jp/s/event/51798/

image
出典:http://www.at-nagasaki.jp/s/event/51798/

長崎の伝統行事である「精霊流し」。亡くなった方の霊を弔うために船を手作りして、極楽浄土へ送り出すそうです。船の飾り付けは様々で、故人の趣味を反映させたものや、町内合同で船を出したりします。細部までこだわった船が街中を練り歩く様子は、まさにお見送りといった感じでしょうか。夕暮れ時になると「チャンコンチャンコン」と鐘の音、「ドーイドーイ」という掛け声が。そして耳をつんざくような爆竹の音が響くのです。喧噪の中、故人を追悼する伝統行事は、一見の価値ありです。

「精霊流し」
開催日程:2016年8月15日(月)
開催会場:長崎市内中心部一帯
公式サイト:http://www.at-nagasaki.jp/

 

up02約380年続く伝統の祭礼行事「長崎くんち」

長崎くんち
出典:http://www.nagasaki-tabinet.com/event/60489/

長崎の秋祭りとして有名な380年以上の歴史を誇る「長崎くんち」。7年に1度出番がまわってくる踊りを奉納する町を「踊町(おどりちょう)」といい、長崎ならではの異国情緒あふれる様々な踊りを見ることが出来るのです。特に中国で五穀豊穣を祈る神事に由来する演し物「龍踊(じゃおどり)」はインパクトがあります。「モッテコーイ!」と声が掛かればそれは演し物を呼び戻すアンコールの意味。気に入ったものがあれば、一緒に声を掛けてみてはいかがでしょうか?

「長崎くんち」
開催日程:2016年10月7日(金)~9日(日)
開催会場:諏訪神社、長崎市公会堂前広場、お旅所、八坂神社
公式サイト:http://nagasaki-kunchi.com/

 

up03約170チームの演舞が楽しめる九州のよさこい「YOSAKOIさせぼ祭り」

526713cd004
出典:http://www.city.sasebo.lg.jp/soumu/hishok/yosakoi-photo-chuokoen.html
YOSAKOIさせぼ祭り
出典:http://www.nagasaki-tabinet.com/event/51727/

九州最大規模のよさこい祭りの1つ「YOSAKOIさせぼ祭り」。市内10会場以上で、約170チームの熱気あふれる様々なよさこい演舞を見ることが出来ます。鳴子を鳴らして老若男女問わず踊る姿は、力強く迫力があります。踊りを見るだけではなく、自分の好きなチームを見つけて応援してみるのもいいかもしれませんね。

「YOSAKOIさせぼ祭り」
開催日程:2016年10月21日(金)~23日(日)
開催会場:佐世保市市街地一帯
公式サイト:http://yosa.jp/

 

up04高さ約10メートルの竹の上で人間離れした曲芸「竹ン芸」

竹ン芸
出典:http://www.nagasaki-tabinet.com/event/51413/
image (1)
出典:http://www.nagasaki-tabinet.com/event/51413/

若宮稲荷神社の秋の祭りに奉納される「竹ン芸」。それは高さ10メートル余りの2本の青竹の上で、男狐・女狐の面を付けた2人が曲芸を見せるというもの。神の使いである狐が、神社の御神徳をよろこんで裏の竹藪で遊ぶ様子を模したもので、起源は中国伝来の羅漢踊りだそうです。お囃子に合わせて竹が揺れ、その上で逆立ちになったり「狐飛び」をしたりと、見ている側は息を飲んでしまいますね。

「竹ン芸」
開催日程:2016年10月14日(金)~15日(土)
開催会場:崎市伊良林2丁目10-2 若宮稲荷神社
公式サイト:http://www.nagasaki-tabinet.com/

 

up05冬の一大風物詩「長崎ランタンフェスティバル」

長崎ランタンフェスティバル
出典:http://www.nagasaki-tabinet.com/event/51795/

長崎新地中華街の人たちが、中国の旧正月を祝う行事から始まった「長崎ランタンフェスティバル」。約1万5000個のランタン(中国提灯)が街中に飾られ、極彩色に染まってとっても幻想的! そのほかにも、中国の雨乞いの神事だった龍踊りや、一瞬で仮面を変えていく「変面」という中国の伝統芸能など、たくさんの催し物があります。旧正月中15日間、開催されているので一つ一つじっくり見て楽しむことも出来そうですね。

 

「長崎ランタンフェスティバル」
開催日程:2017年1月28日(土)~2月11日(土)
開催会場:長崎市新地中華街、観光通りアーケード、中央公園 ほか
公式サイト:http://www.at-nagasaki.jp/

 

異国情緒あふれる長崎、ぜひお祭りにあわせて訪れてみてはいかがでしょうか?

 

プロフィールPROFILE

シェパードン篠原

猫をこよなく愛する群馬生まれの新米。
ちょっとでも記事から魅力が伝わればいいなと日々精進中。

前の記事へ

ガラス × 漆が美しい! 万華鏡をモチーフにした漆硝子のシリーズ「hyakushiki」

ガラス × 漆が美しい! 万華鏡をモチーフにした漆硝子のシリーズ「hyakushiki」

次の記事へ

夏のビールをワンランクアップ! “山中漆器”の技術で作られた「味餐楽Tumbler(みさらくタンブラー)」

夏のビールをワンランクアップ! “山中漆器”の技術で作られた「味餐楽Tumbler(みさらくタンブラー)」

関連記事RELATED ARTICLE

世界記録達成の「盛岡さんさ踊り」や天下の奇祭も 岩手県の「ウルトラな祭」5選

伊達政宗や七夕といえばここ! 宮城県の「ウルトラな祭」5選

知っておきたい「ねぶた」と「ねぷた」の違いとは? 青森県の「ウルトラな祭り」5選

日本茶の新しい楽しみ方! 欧米では定番のワインのようなクラフトティー「酵母茶」に注目

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】岐阜・飛騨春慶

【2015年の岡山城】「冬の和のおもてなし」が開催される 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その50

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】鳥取:因州和紙

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】群馬県の伝統的工芸品をひとまとめ!

「九谷焼」とウルトラマンがコラボレーション! この秋、色鮮やかなキャラクターで食卓を彩ってみては?

キーワードKEY WORD