ウルトラJ

2016.08.15

特集
いとうせいこうさんが語るコメディ映画の見どころ 松田龍平さんが演じる 21 世紀版の「寅さん」とは?

上野浅草を舞台に、いとうせいこうさんが総合プロデューサーを務め、今年で9回目を迎えるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭 in 台東」(略称・したコメ)

9月16日(金)~19日(月・祝)の開催にさきがけて、いとうせいこうさん(したコメ総合プロデューサー)、大場しょう太さん(したコメチーフディレクター)による本映画祭の見どころ解説トークショーが実施されました。本日は8月13日(土)に行われたそのイベントの公式レポートをお届けします!

null
▲写真左がいとうせいこうさん、右が大場しょう太さん

■今年の前夜祭『声優口演ライブ「したコメ meets 小津安二郎」』について

いとう:「したコメ」で毎年大人気の声優口演は、声優界のレジェンドたちが参加するイベントで今まではチャプリンやキートンの作品を行っていたのですが、今年は巨匠小津安二郎の「淑女と髯」を上映! 小津安二郎と聞くと「東京物語」といった海外で評価の高い作品とイメージすると思うんですけど、小津自身はコメディ映画も作っていて、「したコメ」ではそんな小津のコメディ映画をフィーチャーしようと今回上映が決まりました。小津ファンからしても非常に貴重な本作と声優界のレジェンドたちがどうコラボしていくのか! 本当に貴重なイベントになると思います。

大場:フィルムセンターでも観れない、「したコメ」だけの貴重な作品だと思うのでこれは本当に特別なイベントになりますね。小津安二郎ファンも声優ファンも多くの方に来ていただきたいイベントになります。

■今年のオープニング作品について

いとう:今年は 21 世紀版の寅さんと言われている「ぼくのおじさん」です。松田龍平が演じるぼんくらなおじさんと親戚の子供のぼくの二人が、おじさんが恋をした女性を追いかけ日本を飛び出しハワイに行くストーリーで、寅さんのテーマの一つでもある恋する男の部分を山下監督らしいポップな演出で描いている作品になっています。また、偶然今年のしたコメでは山田洋次監督をコメディ栄誉賞としてお呼びしている、そんな色々なタイミングが重なって今回お呼びすることができた作品なのでオープニングを飾るにふさわしい特別な作品となっています。

bokuno_ojisan_001
▲松田龍平氏主演の「ぼくのおじさん」 公式HPはこちら

■とり・みき吹替え“凄ワザ”講義第 2 弾「危険戦隊デンジャー5~我らの敵は総統閣下~」について

大場:今年の「したコメ」の目を離せない作品が「デンジャー5」。個性的な作品で日本の配給会社がみんな足踏みしていたオーストラリアのドラマシリーズなんですが、第 2 次世界大戦を舞台に特殊部隊チームデンジャー5がヒトラーを倒すアクションシリーズです。司令官の頭が鳥という鳥人間など、ただでさえ個性的なのにもかかわらず、そこに羽佐間さんをはじめとする、吹き替えレジェンドたちの凄ワザが入る本当にすごい作品になっています! この「したコメ」を通じて押していきたい作品になります。

■「野良スコ」新作上映~コタローの姉あらわる!!~について

いとう:僕はね、内山監督の作品が好きなんですよ。そこで 9 回目となる今年の「したコメ」メインビジュアルを担当してもらって、賑わい篇と日常篇といった 2 種類を作ってもらったんですよ。さらに「したコメ」で内山監督の「野良スコ」の特集上映をしたく本当に忙しい内山監督に、「したコメ」から無理くり新作を上映したいから作ってほしい! とプレッシャーを与え続けたら今回 2 作品も新作を作ってくれて。しかも今回の突如現れたコタローの姉ミシェルが出るストーリーになっているんですよね。また、イベント後はここでしかもらえないお土産もあるんで、こちらも盛り上がるイベントになっています。是非来てくださいね。

大場:やればできるじゃん! 「おばけの Q 太郎」みたいに突如現れたミシェルには期待ですね!また、イベントには内山監督をずっと応援してくれている LiLiCo 姉さんが応援に駆け付けてくれるんでね、内山監督は LiLiCo 姉さんに足を向けて寝れないです!

■最後に今年の「したコメ」について

大場:今年で 9 回目を迎える「したコメ」ですが、ここまであっという間でしたね。だんだんと名物企画が出来て、そして新しい企画上映に挑戦したりと、みなさんのお蔭で映画祭として成長出来てきたと思います。映画祭に来ていただき映画を観ると同時に、色々な人と触れ合って楽しんできていただければと思います。

いとう:9 回目ということで本当に上映のプログラムが安定してきましたね。今年は、山田洋次監督をお呼びしているので、寅さんファンは絶対に来なきゃダメですよ! どんどん盛り上がってきた「したまちコメディ映画祭」、寅さん以外も様々な人気なプログラムをご用意していますので、ぜひ今年の「したコメ」にお越しになってください!

 

また、13日(金)より「したコメ」のチケットも下記チケットぴあにて発売しています。

盛りだくさんのプログラムの内容は、明日以降「ウルトラJ」で随時お届けします!

気になるプログラムは、ぜひ当日に下町で楽しみましょう!

「したまちコメディ映画祭in台東」
チケットぴあ 一般販売チケット
公式URL:http://t.pia.jp/feature/cinema/shitacome/

 

(C)2016 内山勇士/「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会
(C) 1972 北 杜夫/新潮社 (C) 2016「ぼくのおじさん」製作委