【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛媛県:砥部焼

このエントリーをはてなブックマークに追加

A_101

出典:http://www.mcvb.jp/kankou/detail.php?sid=118&cid=2

愛媛県・砥部町の伝統的工芸品「砥部焼」。堅牢な生地とシンプルな藍模様とで多くの愛好家を持つ陶磁器ですが、そんな「砥部焼」「美少女」を結び合わせたPRムービーがただいまYouTubeで公開中なのをご存知ですか?

動画の中で大きな筆を持ち、砥部焼の模様を描いているのは岡本真依さん。愛媛県のローカルアイドルひめキュンフルーツ缶のメンバーです。岡本さんは映像の中で、「砥部焼」が持つシンプルな美しさ力強さを伝えています。

さて、そんな「砥部焼」ですが、産地である愛媛県伊予郡は、もともと奈良・平安時代から「砥石」の産地として知られていました。中でも砥部・外山の砥石山から切り出される砥石は「伊予砥」と呼ばれ、中央にもその名が知られていたそうです。

一方、砥石の切出しの際に出る砥石屑の処理は大変な重労働で、江戸時代になると使役されていた村民たちから藩(大洲藩)に直接免除を願い出るなど、大きな問題となっていました。

そこに登場するのが、大阪の砥石問屋・和泉屋治兵衛です。

彼は、天草の砥石が磁器の原料となることを知り、伊予砥の屑石を使って磁器を生産することを藩に進言。これにより、安永4年(1775年)に大洲藩の加藤泰候は、家臣加藤三郎兵衛に「磁器」生産の創業を命じ、今の「砥部焼」の歴史へと繋がっていきます。

現在は、女性や若手陶工による素材や伝統的デザインにとらわれない作品も多い「砥部焼」。実用性の高い愛媛伝統の陶磁器を、ぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「砥部焼」知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

 

前の記事へ

【リオパラリンピック開幕!】ウルトラJはリオパラリンピック・ニッポン代表を応援します! 特別企画もスタート

【リオパラリンピック開幕!】ウルトラJはリオパラリンピック・ニッポン代表を応援します! 特別企画もスタート

次の記事へ

日本でイチバン人が集まる神社って? 東京の「イチバン」なスポット3選

日本でイチバン人が集まる神社って? 東京の「イチバン」なスポット3選

関連記事RELATED ARTICLE

【2014年の岡山城】「槍櫓」と「旗櫓」の遺構が出土 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その49

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】広島:宮島細工

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:水泳(競泳)

テーマは「ウルトラマンと冬の思い出」 円谷英二監督の出身地・福島県須賀川市でフォトコンテストが開催中!

復活を遂げた京都の伝統技法「京こま」 脱サラ職人の挑戦とは!

「出たなババヘラ!これでも食らえッ!」 ウルトラ【まる怪】グルメ 第7回〜秋田編〜

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】和歌山:紀州箪笥

【ブースカが登場してPPAPも披露!?】市川染五郎さん出演のカブキ踊り公演が渋谷で開催されました 

ニッポンの伝統芸能「文楽」 初心者でも楽しめるようになる【ウルトラJ文楽入門特集まとめ】

キーワードKEY WORD