【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:自転車

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段の日常で私たちも乗ることが多い自転車。もちろん、足で漕ぐ乗り物ですが、パラリンピックでは義足の選手や下肢障がいなどの選手たちによる、スピード感あふれる試合が行われます!


出典:http://www.jsad.or.jp/paralympic/sports/cycling.html

自転車競技は大きく分けて、ロードとトラックの2種類に分けられます。ロード競技はタイムトライアルとロードレースの2種目。トラック競技は、個人追い抜き(パシュート)・タイムトライアル・スプリントの3種目です。

競技用自転車も、障がいによっては、ペダルと義足が固定できるように改良することが認められていたり、体幹のバランスが悪い選手はバランスのとりやすい3輪自転車で競技に参加します。

さらに、視覚障がいの選手は「パイロット」とともに乗るタンデム自転車(2人乗り用)に、下肢障がいの選手は、上肢だけで駆動するハンドサイクル(ロード種目のみ)を使用するなど、限界を超えた挑戦に挑むパラリンピックの魅力を感じられる競技なんです。

スピードと迫力のある競技は、トラックが9/8〜9/11、ロードが9/14〜17の日程で行われます。ニッポンの選手達の勇姿にぜひご注目ください!

【競技日程はこちら→トラック http://www.jsad.or.jp/paralympic/rio/info/schedule.html?sj_page=SC0CT0000

ロードhttp://www.jsad.or.jp/paralympic/rio/info/schedule.html?sj_page=SC0CR0000

 

「ウルトラJ」は、リオパラリンピックの日本代表を応援しています!

UJ_rio_header_02ss

2016 リオパラリンピック特設サイトはこちら

日本パラサイクリング連盟公式サイトはこちら

前の記事へ

観光客にもオススメ? 脱出ゲームをリアル体験して日常から脱出してみよう!

観光客にもオススメ? 脱出ゲームをリアル体験して日常から脱出してみよう!

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京石工芸品

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京石工芸品

関連記事RELATED ARTICLE

日本全国の魅力を拡散する「ウルトラJ」プロジェクト、始動。

【リオパラリンピック開幕!】ウルトラJはリオパラリンピック・ニッポン代表を応援します! 特別企画もスタート

【1987年の岡山城】岡山城跡が国の史跡に指定される 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その22

お茶やスープに載せるだけで優雅におもてなし。京都の食用絵柄純金箔「KOTOBUKI」

【1986年の岡山城】「晴れの国おかやま」が岡山県の標語に 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その21

【1980年のウルトラマンといえば?】高レベルな怪獣造形と特撮クオリティの「ウルトラマン80」が放送 50年の歴史を振り返る・その15

1日2組限定リゾートでロマンティックなひと時を! 「ワンスイートホテル&リゾート古宇利(こうり)島」

【2009年のウルトラマンといえば?】セブンの息子・ウルトラマンゼロと、ウルトラマンベリアルが登場する『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』公開 50年の歴史を振り返る・その44

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】大阪:大阪金剛簾

キーワードKEY WORD