ウルトラJ

2016.09.10

特集
【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:陸上競技

100m走や走り幅跳び、やり投げなどさまざまな種目が行われる陸上競技。パラリンピックならではのルールで行われる陸上競技の魅力をご紹介します。


出典:http://www.jsad.or.jp/paralympic/sports/athletics.html

陸上競技は、種目もさまざまですが、車いすや義足など選手の障がいごとにクラスが分けられています。

基本的なルールは一般の陸上競技と同じですが、障がいに応じたルール変更がされています。車いす競技では、「レーサー」と呼ばれる軽量な専用車いすが使用され、マラソンの下り坂では時速50kmにも達するスピードが魅力です。

下肢に障がいを持つ選手は、スポーツ用に開発された義足を装着して競技に参加。車いすや義足の技術力も日々進化し、選手がどう使いこなすかも見どころの1つ。

ほかにも、視覚障がいの選手は競走種目において「ガイドランナー」と呼ばれる伴走者とともに走ったり、跳躍・投てき種目では「コーラー(手を叩いて音で選手に知らせる人)」による指示を頼りに競技を行います。選手とパートナーの信頼関係に注目ですね! ちなみに、一緒に競技を行うガイドランナーにもメダルが贈られます。ぜひご注目を!

【競技日程はこちら→】 http://www.jsad.or.jp/paralympic/rio/info/schedule.html?sj_page=SC0CT0000

 

「ウルトラJ」は、リオパラリンピックの日本代表を応援しています!

UJ_rio_header_02ss

2016 リオパラリンピック特設サイトはこちら

日本パラ陸上競技連盟公式サイトはこちら