【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸切子

このエントリーをはてなブックマークに追加
edokiriko_tokyo
出典:http://kougeihin.jp/item/1404/

日本を代表するガラス工芸品の一つ「江戸切子」。近年では様々なコンテンツやキャラクターともコラボレーションをし、その裾野を広げています。上記もそんなコラボレーションから生まれた作品で、ゲーム発の人気コンテンツ「アイドルマスター」のアニメ版「アイドルマスター シンデレラガールズ」がモチーフとなっています。

なぜ、東京の伝統工芸「江戸切子」とアニメが? と思われる方もいるかも知れません。実はアニメ作品第18話の劇中に「江戸切子」が登場したことをきっかけに、江戸切子協同組合とのコラボ商品が生まれたのだそう。ちなみに、2016年9月10日、11日に開催の「柴又宵まつり2016」にも本製品は展示されるとのこと。

 

 

「江戸切子」の歴史はほかの伝統工芸品に比べると新しく、1834年に江戸は大伝馬町に店を構えるビードロ(ガラス)屋の加賀屋久兵衛が、ガラスに彫刻をしたのが始まりとされています。

「江戸切子」の細工には、「金剛砂(こんごうしゃ)」と呼ばれるガーネットが風化して砂状になった研磨剤が用いられました。

当時は透明なガラスに手作業で細工をほどこしていましたが、その後の技術の発達や色ガラスで有名だった「薩摩切子」の衰退もあり、現在は色ガラスに機械式のホイールで彫るのが主流となっています。

その美しさから、近年は海外からの注目も高まる「江戸切子」。

首相官邸や海外の大使館などでも用いられ、日米首脳会談では安倍首相からオバマ大統領へ贈られたこともあるそうです。海外からの旅行客にとって、世界都市「TOKYO」の新たな定番みやげになるかもしれませんね。

 

 

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「江戸切子」知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

 

前の記事へ

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:パワーリフティング

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:パワーリフティング

次の記事へ

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:ボート

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:ボート

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:西陣織

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京鹿の子絞り

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京表具

【岡山が世界に誇るニッポンの伝統工芸】備前焼の里・伊部にぼっちで行って窯の中に入ってみた・後編 

【ウルトラマンこけしがニッポンをめぐる旅】3分でわかるスポット解説:東京都浅草編まとめ

けん玉がグローバル化! 音とプレイ感が心地良い「JAC KENDAMA」

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:車いすテニス

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山形県の伝統的工芸品をひとまとめ!

日本でイチバン早く桜が咲く場所がある! 沖縄県の「イチバン」なスポット3選

キーワードKEY WORD