ウルトラJ

2016.09.16

特集
【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:ゴールボール

パラリンピック特有の競技・ゴールボールをご存知でしょうか? 静寂の中で行われる白熱の競技を解説します!


出典:http://www.jsad.or.jp/paralympic/sports/goalball.html

視覚障がいを持った選手が、鈴の入ったバスケットボール程度の大きさのボールをゴールに投げあう競技です。守備側は攻撃側の投げたボールを、音や気配を頼りに全身を使ってダイナミックに防ぎます。

障がいの程度に関係なく、アイシェード(目隠し)を装着して選手はプレーします。1チーム3人ずつで競技は行われ、前後半12分ずつの計24分、ハーフタイムは3分。コートは6人制バレーボールとほぼ同じ大きさとなります。

視覚に頼らずゴールを奪うためには、何よりも選手同士のコミュニケーションが大切となり、視覚以外のあらゆる感覚を研ぎ澄まして行われるのです。

音やわずかな気配が競技のポイントになるため、会場内は私語はもちろん応援も厳禁。選手の一挙手一投足を静かに見守りましょう!


▲i enjoy ! movies [Goalball] ゴールボール

【競技日程はこちら→】 http://www.jsad.or.jp/paralympic/rio/info/schedule.html?sj_page=SC0GB0000

 

「ウルトラJ」は、リオパラリンピックの日本代表を応援しています!

UJ_rio_header_02ss

2016 リオパラリンピック特設サイトはこちら

日本ゴールボール協会公式サイトはこちら