【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京うちわ

このエントリーをはてなブックマークに追加
kyou_utiwa
出典:http://kougeihin.jp/item/1412/

夏がくるとエアコンや扇風機に頼りがちですが、花火大会やBBQなど屋外イベントでは暑さを我慢することも多いですよね。そんな外出先での暑さをちょっと涼しくするアイテム「うちわ」のなかでも、雅な伝統工芸品「京うちわ」をご存知でしょうか?

「うちわ」は紀元前に中国で誕生し、日本に伝わったのは飛鳥時代になります。「京うちわ」と、ふつうのうちわとの違いは、その構造です。ふつうのうちわは、手に持つ部分の把手と風を送る部分のうちわ面が一体になっていますが、「京うちわ」把手とうちわ面が別に作られ、図柄が中骨に後から取り付ける構造になっています。

「京うちわ」は、宮廷で使われた「御所うちわ」がルーツです。豪華で美しい図柄や装飾を施すことで、実用性だけではなく見る楽しみがあることも、「京うちわ」ならではの魅力です。

エアコンや扇風機の登場で、商用の宣伝アイテムとして配布されることが多くなった「うちわ」。伝統工芸品の「京うちわ」は、「あおぐ」ことより、「飾る」インテリアとして注目されています。四季折々の図柄を透かすようにデザインされた「京うちわ」はまさに芸術品です。送ってうれしい、もらってうれしい「京うちわ」を、お部屋に飾って和モダンな空間を生み出してくださいね!

 

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「京うちわ」知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

 

前の記事へ

いま話題の「VR」って? 日本一のゲーム総合展示会・東京ゲームショウ2016で見た「ニッポン」の最新技術

いま話題の「VR」って? 日本一のゲーム総合展示会・東京ゲームショウ2016で見た「ニッポン」の最新技術

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】北海道:二風谷 アットゥシ(アイヌ伝統の樹皮織物)

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】北海道:二風谷 アットゥシ(アイヌ伝統の樹皮織物)

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京鹿の子絞り

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京表具

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京石工芸品

地べたを這うようにくぐる、日本一小さな鳥居とは? 長崎の「イチバン」なスポット3選

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】長野:信州打刃物

【鬼は外】そもそも《節分》って何? 豆まきしなくていい人ってどういう人?【福は内】

夜天に舞い上がる紅蓮の炎! 30本もの松明と仕掛け松明、そして現地の人たちも熱い――松明あかしレポート【後編】

親子で楽しめる秋の湘南の花火大会も! 神奈川県で開催される「ウルトラな祭」5選

【1987年の岡山城】岡山城跡が国の史跡に指定される 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その22

キーワードKEY WORD