ウルトラJ

2016.09.17

特集
【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:車いすテニス

みなさんおなじみの競技・テニス。パラリンピックでは競技名のとおり、車いすの選手によって試合が行われますが、独自のルールをご紹介します!


出典:https://www.parasapo.tokyo/sports/16/

1992年のバルセロナパラリンピックから正式競技となっており、コートの広さなど基本的なルールは一般と変わりません

ツーバウンドでの返球が認められているほか、比較的重い障がいを持った選手によって男女混合の「クァードクラス」が行われています。握力が弱い選手は、ラケットをテーピングで固定して試合をすることも。

ラケットさばきだけでなく、車いすの操作技術も要求される競技のため、ボールの動きに合わせて巧みに車いすを操るプレイも注目ポイントです!

使用される車いすは競技用のオーダーメイド。背もたれがなく、素早いターンを行うために、車輪は八の字型に角度がつけられているのもその特徴。

錦織選手の活躍で人気の高まっているテニスですが、パラリンピックでもぜひご注目を!

【競技日程はこちら→】 http://www.jsad.or.jp/paralympic/rio/info/schedule.html?sj_page=SC0WT0000

 

「ウルトラJ」は、リオパラリンピックの日本代表を応援しています!

UJ_rio_header_02ss

2016 リオパラリンピック特設サイトはこちら

日本車いすテニス協会公式サイトはこちら