【3分でわかるニッポンの伝統工芸】石川:加賀友禅

このエントリーをはてなブックマークに追加
kougei_kagayuzen01
出典:http://kougeihin.jp/item/0203/

当代の人気デザイナー、宮崎友禅斎の扇絵を小袖の文様に応用した「友禅」。その発祥である「京友禅」が有名ですが、それと並び称される「加賀友禅」はご存じですか?

友禅の産みの親である友禅斎が、晩年に加賀へ渡って御国染めに影響を与え、確立したのが「加賀友禅」です。友禅斎は謎の多い人物で諸説ありますが、故郷である金沢に歳を取って帰り、そこでも新たな友禅を編み出したと言われています。

つまり、「京友禅」と「加賀友禅」は、同じ天才デザイナーによる2大ブランドというわけですね。

加賀友禅の特徴は、鮮やかで派手な色調と自然をモチーフとした絵画調であること。よく比較される京友禅は、柔らかい色調を好み、絵画ではなく模様で描かれる点に違いがあります。また、ほかの伝統工芸の技法と積極的にコラボする京友禅と異なり、加賀友禅は友禅の技術のみが使われています。

加賀友禅はその成り立ちもあり、着物に用いられるのがもっとも多いのですが、現代では新しい試みも行われています。加賀友禅の技法をインテリアに用いた、ロールスクリーンやガラスパネルなどの商品開発が進められています。

また、伝統の着物にも新たな動きがあり、若者に人気の「ロリータファッション」と融合した「加賀ロリプロジェクト」もスタートしています。

北陸新幹線の開通で注目の集まる、金沢を代表する伝統工芸に、あなたも触れてみませんか?

 

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「加賀友禅」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

 

前の記事へ

次回開催は2075年のお祭りも!? 話題の「大洗あんこう祭」など茨城県で開催される「ウルトラな祭」5選

次回開催は2075年のお祭りも!? 話題の「大洗あんこう祭」など茨城県で開催される「ウルトラな祭」5選

次の記事へ

キーワードは「Kawaii」 新しいこけしの魅力を伝える展覧会が横浜で開催!

キーワードは「Kawaii」 新しいこけしの魅力を伝える展覧会が横浜で開催!

関連記事RELATED ARTICLE

見なおしたい万能さ! なんでも包めるウルトラな布、「京友禅」の風呂敷

日常を華麗に演出!「京友禅」の手ぬぐいとブックカバー

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京鹿の子絞り

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京表具

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京石工芸品

【イベントレポート】SKY CIRCUS サンシャイン60展望台で開催中のVリーグとウルトラマンコラボイベントに行ってみた

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】富山:井波彫刻

【岡山グルメ特集】アンテナショップの店員さんオススメ! 手作りワイン「マスカット・オブ・アレキサンドリア」をご紹介

【2009年の岡山城】来場者が1000万人を突破し、宇喜多秀家☆フェスが初開催 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その44

キーワードKEY WORD