【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:新潟漆器

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは下の画像をご覧ください。竹を加工した伝統工芸品かと思いきや、実はこれ、漆塗りによって作られた「新潟漆器」なのです!

そんな塗りの技術の極みとも言える、「新潟漆器」の魅力をご紹介します。


出典:http://kougeihin.jp/item/0510/

幾多の時代を超えてきた深みある色合いを、見事に表現している「新潟漆器」。最大の特徴は、その漆塗り技術です。

その起源は江戸時代。寄港地である新潟には、さまざまな場所から文化や技術が伝来しました。それら日本各地の漆塗りの技術を取り入れた「新潟漆器」は、「変塗の宝庫」ともよばれ、100を超える技法により、竹だけでも「煤竹」から「青竹」、石や海藻などをモチーフにして制作されています。1つ1つの技法によって表現するだけでなく、職人の感性・技術で組み合わせることによって、新しい作品が生まれていくのです。

ただ元からあるものを再現するのではなく、理想形を表現する「新潟漆器」の職人は、現代ではクリエイターとも呼べるでしょう。伝統的な技術を今風にアレンジする職人も出てきており、今後生まれる作品にもぜひ注目してください!

 

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「新潟漆器」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

前の記事へ

水の都・東京を体感できるイベントが10/2まで開催中 松下奈緒さんの理想の水辺の過ごし方とは?

水の都・東京を体感できるイベントが10/2まで開催中 松下奈緒さんの理想の水辺の過ごし方とは?

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】秋田:樺細工

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】秋田:樺細工

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】秋田:大館曲げわっぱ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】石川:加賀友禅

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸切子

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛媛県:砥部焼

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】広島:熊野筆

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】埼玉:岩槻人形

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】北海道:二風谷 アットゥシ(アイヌ伝統の樹皮織物)

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:西陣織

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京表具

キーワードKEY WORD