【3分でわかるニッポンの伝統工芸】埼玉:秩父銘仙

このエントリーをはてなブックマークに追加
titibumeisen
出典:http://kougeihin.jp/item/0107/

東京都心から約90分と、抜群のアクセスを誇る埼玉県の観光地・秩父
この秩父に、古くから人々に愛される染め物があることをご存じですか?

その染め物の名は「秩父銘仙」
秩父は山間の土地のため稲作に向かず、代わりに養蚕が盛んでした。
もともとは規格外の繭で野良着を作っていたそうですが、それが大衆着として人気を呼び、「秩父銘仙」と呼ばれるようになりました。

大きな転機となったのが、坂本宗太郎氏が編み出した「ほぐし捺染」という技法です。
経糸に緯糸を仮織して型染めし、それをほぐしながら織っていくことから、その名が付けられました。
「ほぐし捺染」は糸自体を型染めするため、裏も表も同じように染まるのが特徴です。
表が色あせてきても、裏を使って仕立て直しができるため、手軽なおしゃれ着として女性からの人気を集めるようになりました。

明治から昭和初期にかけて普及した「秩父銘仙」は、現在は反物に加えてストールや巾着、コースターなども作られているそうです。
また、秩父を舞台にした人気アニメ「心が叫びたがってるんだ。」ともコラボレーションし、今年の夏にはポップを使った展示企画を開催していました。
アニメファンも要チェックの伝統工芸品です。

meisen_kokosake
出典:http://www.meisenkan.com/info/2016/08/211/

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「秩父銘仙」知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

 

前の記事へ

ウルトラマンが「備前焼」とコラボ! 限定各15個で販売開始!

ウルトラマンが「備前焼」とコラボ! 限定各15個で販売開始!

次の記事へ

「シン・ゴジラ」と「キングコング対ゴジラ」も上映 「第29回東京国際映画祭」が10/25より開催

「シン・ゴジラ」と「キングコング対ゴジラ」も上映 「第29回東京国際映画祭」が10/25より開催

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京鹿の子絞り

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京表具

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京石工芸品

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】埼玉:岩槻人形

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】秋田:樺細工

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:新潟漆器

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】兵庫:播州そろばん

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】広島:広島仏壇

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】石川:加賀友禅

キーワードKEY WORD