古舘伊知郎vsサイレント映画の1本勝負 現代版弁士が魅せる「歌舞伎座スペシャルナイト」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ichiro_Furutachi_s
■現代版弁士・古舘伊知郎が挑む無声映画の新たな楽しみ方

10月25日(火)から11月3日(木)までの10日間開催される「第29回東京国際映画祭(TIFF)」

その上映部門の1つ「日本映画クラシックス」では、往年の日本映画史を彩った名作が最新技術で上映。さらに10月27日(木)には、「歌舞伎座スペシャルナイト」と銘打たれた一夜限りのイベントが実施されます。

「報道ステーション」のキャスターを長年務めた古舘伊知郎さんが、現代版弁士として無声映画「血煙高田の馬場」の上映にゲスト出演。従来の弁士付き上映とは異なる、“喋り屋”古舘伊知郎さんオリジナルのスタイルでの上映になるとのこと。往年の「ワールドプロレスリング」でのプロレス実況でも冴えわたった古舘さんの喋りによる、無声映画の新たな楽しみ方に注目です。

また、本イベントでは「忠臣蔵 デジタル最長版」も上映。弁士として活躍する片岡一郎さんによる伝統的な、生演奏付きの弁士上映も一緒に楽しむことができますよ。

m_Chikemuri_takadanobaba_s
▲「血煙高田の馬場」
監督:伊藤大輔
出演者:大河内傳次郎
製作年:1928年

■古舘伊知郎さんのオフィシャルコメントもご紹介します

古舘伊知郎「無声映画の最盛期、日本には弁士が数千人いたという。弁士は役者以上の人気を誇り、人々の最大のお目当ては贔屓の弁士の語り(活弁)を聴くことだったそうだ。映画を観に行くというより活弁を聴きに行く、言葉が映像の従属物ではなく話芸として確立され愛された時代があったのだ。ちょっと前までは、TVドラマと同時に、ラジオドラマという音だけのジャンルがあったように、人々が喋りを聴いてイメージを膨らませて楽しむ時代があったのだ。喋り手ならば活弁という魅惑の箱を今開けずにはいられない。過去のスター弁士の口調を一所懸命模写し再現する手のことは付け焼き刃で出来るものじゃないが、これまで講談、落語の道中付け、大道芸(香具師の啖呵売)あたりをちょびちょびかじってきた身としては、面白い活弁ができそうな気もする。私に与えられた題材は忠臣蔵のスピンオフ作品“血煙高田の馬場”。ほんの7~8分の短縮バージョンだが、十分面白い。さあ!喋りで何をプラスしていくか、このところ言葉探しの「脳内決闘劇」を時折くり広げている。」

■伝統的な歌舞伎の舞踊も楽しめる!

本イベントでは、尾上菊之助さんによる、代表的な舞踊「鷺娘」も上演されます。鷺の精が人間の男性と恋をしてしまう物語が、歌舞伎ならではの技巧に満ちた構成と演技で堪能できます。

onoe_kikunosuke_s
▲尾上菊之助さん

M_sagimusume_s
▲「鷺娘」は歌舞伎の女方が演じる代表曲の1つです。

伝統的な歌舞伎と、無声映画の2つのスタイルによる弁士上映。古き良き日本の魅力と、新しい楽しみ方を一緒に楽しむことが出来る、一夜限りの「歌舞伎座スペシャルナイト」。

TIFF2015_Kabukiza_theatre_s

歌舞伎ファンも映画ファンも、この機会に歌舞伎座へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

映画祭の魅力や楽しみ方はこちらの記事をご参考ください。

null
第29回東京国際映画祭公式サイトはこちら
歌舞伎座スペシャルナイトの公式ページはこちら
開催期間:2016年10月25日(火)~ 11月3日(木・祝)
開催会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) ほか 都内の各劇場および施設・ホールを使用

(c)画像・作品提供:おもちゃ映画ミュージアム
(c)SHOCHIKU

前の記事へ

【浅草】浅香光代さんの「一本刀土俵入り」も披露 「第9回したまちコメディ映画祭 in 台東」オープニングセレモニーレポート

【浅草】浅香光代さんの「一本刀土俵入り」も披露 「第9回したまちコメディ映画祭 in 台東」オープニングセレモニーレポート

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】沖縄:知花花織

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】沖縄:知花花織

関連記事RELATED ARTICLE

「シン・ゴジラ」と「キングコング対ゴジラ」も上映 「第29回東京国際映画祭」が10/25より開催

下町育ちの江戸っ子!「シン・ゴジラ」特殊造形プロデューサー・西村喜廣さんの特撮ファン必読エピソードとは?【ウルトラインタビュー】

「シン・ゴジラ」の特殊造型プロデューサーが直伝! 特殊メイクワークショップが2日間開催

【ウルトラインタビュー】ショートアニメ「野良スコ」「紙兎ロペ」でおなじみの内山勇士監督に下町の魅力を伺いました!

【ウルトラインタビュー】声優界のレジェンド・羽佐間道夫さん 「ことば遣いを丁寧にするっていうのは、やっぱり良い映画にしか潜んでいないんだよ」

いとうせいこうさんが語るウルトラマン・映画・下町の魅力とは? 「面白いから来てくださいじゃなくて、みんなで観るから面白いんですよ」 【ウルトラインタビュー】

映画祭マニアがお勧めする、日本各地の映画祭の楽しみ方 「映画祭は音楽フェス感覚に近いんですよ!」

故・中村勘三郎さんの想いがこもった「大江戸りびんぐでっど」の魅力とは?

小津安二郎の無声映画にレジェンド声優たちが新たな息吹を! 山寺宏一さんたちのコメディ演技に場内爆笑の「声優口演」

キーワードKEY WORD