ウルトラJ

2016.10.07

特集
「ウルトラマン」シリーズを手がけた脚本家・金城哲夫 次の50年に向けた新たな作品を作るのは?

脚本家・金城哲夫。

沖縄県出身の脚本家で、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」など、初期のシリーズの脚本を担当。「怪奇大作戦」などの脚本を手がけたのち、37歳の若さで他界。彼の作品は今なお絶大な影響力を後進に与えています。

「ウルトラマン」シリーズが放送されて50年の節目を迎えた今年。長い年月と世代を超えて愛される作品を、次の50年に向けて作るべく、円谷プロダクションは「円谷プロダクションクリエイティブアワード 金城哲夫賞」を設立しました。金城さんの功績を称えつつ、「ウルトラを超えろ。」をキーワードに、11月30日(水)まで、広く一般から企画書と脚本を募集しています。

logo
出典:http://m-78.jp/TCA/

ウルトラJでも特集にてお伝えしている「第29回東京国際映画祭(TIFF)」。最終日となる11月3日(木)には、「ウルトラマンシリーズ放送開始50年 特別企画:脚本家 金城哲夫」として、金城さんが脚本を手がけた「ウルトラマン」シリーズ作品を上映しながら、本賞の審査員であるクリエイターたちによる「ウルトラセッション」が行われます。

世界中にも多くのファンを持つ「ウルトラマン」。いかにして人々に愛される作品が創造されるのか、改めて金城さんの作品を観ながら考えることのできる、またとない機会をお見逃しなく。チケットは10月15日(土)より発売開始。上映作品など続報もウルトラJにてお伝えしていきます。

「ウルトラマンシリーズ放送開始50年 特別企画:脚本家 金城哲夫」
開催場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN9
開催日程:11月3日(木)17:00~
公式ページはこちら
「円谷プロダクションクリエイティブアワード 金城哲夫賞」公式サイトはこちら

null
第29回東京国際映画祭公式サイトはこちら
開催期間:2016年10月25日(火)~ 11月3日(木・祝)
開催会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) ほか 都内の各劇場および施設・ホールを使用

映画祭の魅力や楽しみ方はこちらの記事をご参考ください。