ウルトラJ

2016.10.10

特集
【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京くみひも

kyou_kumihimo02
出典:http://kougeihin.jp/item/0304/

平安時代のおしゃれさんにも、絶大な人気を誇った工芸品「京くみひも」。和服の装いにかかせない伝統工芸品が、どんなものかご存知でしょうか?

「くみひも」は縄文時代の土器から、そのルーツをたどることができるほど歴史の古いものです。平安時代には工芸品として人気となり、貴族たちに愛される装飾品として、さまざまなものに使われていました。その後も侍の武具の飾り新仏具のひも、明治からは帯締めなどの和装小物として現代でも愛用され続けています。土地柄から献上物に使われるほど腕の良い職人が育った京都だからこそ、「京くみひも」は、高い品質が保たれているのです。

kyou_kumihimo01

和装のアイテムと思いがちな「京くみひも」ですが、「ウルトラマン」とコラボして、日常に取り入れやすい「グラスコード」のグッズも生まれています。配色はモチーフになったウルトラマン登場キャラクターによって違います。さりげなく伝統工芸品を身に着けるチャンスとして、ぜひ、おしゃれに取り入れてみてください

kumihimo_syurui01 kumihimo_syurui02

「京くみひも グラスコード」
価格3,024円 (税込) 送料別
http://item.rakuten.co.jp/ultra-j/garaku-006/

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「京くみひも」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02