ウルトラJ

2016.10.11

特集
【3分でわかるニッポンの伝統工芸】大阪府:大阪欄間

 大阪欄間
出典:http://sugoude.inuiyosuke.jp/ja/craft/c0/17/

みなさんのお住まいには、欄間(らんま)はありますか?

欄間とは、昔ながらの日本建築によく見られる、鴨居と天井の間にある装飾部分のこと。

ただの飾りではなく、通風や採光の目的があります。

大阪は昔から欄間の主要な生産地。

伝統工芸「大阪欄間」は全国にその名を知られています。その起源は江戸時代、17世紀初めごろ。

現在ではカフェやブティックが立ち並ぶオシャレな街と知られる大阪市内の堀江は、かつては木材の集散地として栄えていました。現在も、家具店の多い界隈ですが、かつてその堀江に欄間の職人町もありました。

職人町は戦災で一時、離散してしまいましたが、戦後になって徐々に復興し、現在では約30の企業がこの地で大阪欄間の生産をおこなっています。

屋久杉の木目を生かした「彫刻欄間」や、桐の肌と透かし模様が調和した「透彫欄間」など、日本家屋特有の美しさと、通気や調光など、暮らしやすさのための機能性をあわせ持つ大阪欄間。
お家の建て替えやリフォームの際などに、検討してみてはいかがでしょうか。

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「大阪欄間」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02