【3分でわかるプロ野球】「二刀流」のすごさって? 北海道日本ハムファイターズのキーマン

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月12日(水)より、ファイナルステージが始まったプロ野球「クライマックスシリーズ」。ウルトラJでは1勝分のアドバンテージを持ち、「日本選手権シリーズ」への出場がもっとも近いセ・リーグの広島東洋カープ、パ・リーグの北海道日本ハムファイターズの2チームをフィーチャーします。

ファイターズが優勝を狙ううえで、絶対に外せないキーマンの1人が大谷翔平選手です。大谷選手といえば「二刀流」がクローズアップされ、野球に詳しくない一般層にもその名を知られていますが、これはどの程度、すごいことなのでしょうか?

まず、大前提として近年のプロ野球は完全に分業制が確立され、投手と野手では練習メニューが大きく異なります。仮に高校時代に投手をしていた選手も、野手として有望であれば、プロ入り後は野手に専念させられます。有名どころでは、イチロー選手や中田翔選手が中学、高校時代に投手経験がありますね。

そんな球界の「常識」を覆し、投手と野手を兼任する大谷選手は、球史に例のない規格外の選手です。今年はどちらの役割でも出場機会が限られる中、投げてはエース級、打ってはクリーンアップ級の成績を残しています。ファイターズが日本一に輝けるかどうかは、この大谷選手の活躍次第と言っても過言ではないでしょう。

この大谷選手を含め、今年のファイターズの躍進を支えたのが、生え抜きの選手たちです。FA宣言した選手を獲得し、補強でパワーアップを図る球団も多い中、ファイターズは地道に自前の選手を育ててきました。いまや日本代表・侍ジャパンの四番を背負う中田翔選手を筆頭に、先発ローテを支える吉川光夫選手、台湾代表にも名を連ね、走攻守に優れる陽岱鋼選手、大きな躍進を果たした有原航平選手などの活躍が、奇跡の大逆転劇を生み出しました。

今年は、そんなチームを支えてきた生え抜きの1人、武田勝選手が引退を表明しました。その際に残した「俺のために優勝しろ」との言葉にチームは奮起、見事にリーグ優勝を果たしました。そんな武田勝選手は引退登板にて、すでに優勝を決めたチームに向けて、今度は「俺のために日本一になれ」との言葉を残しました。武田選手の願いはふたたびかなうのでしょうか?

ウルトラJでは、プロ野球「クライマックスシリーズ」と「日本選手権シリーズ」を応援します。次回はクライマックスシリーズの勝者同士が日本一を争う、「日本選手権シリーズ」について解説します。

2016年 クライマックスシリーズ
開催日程:10月8日(土)~10月17日(月)
場所:(セ・リーグ)東京ドーム、(パ・リーグ)ヤフオクドーム ※10月8日(土)からのファーストステージのみ
日本野球機構公式サイト:http://npb.jp/

前の記事へ

山田洋次監督に「寅さんトランク」も贈呈 したまちコメディ映画祭コメディ栄誉賞贈呈式がサポーターの熱意で実現!

山田洋次監督に「寅さんトランク」も贈呈 したまちコメディ映画祭コメディ栄誉賞贈呈式がサポーターの熱意で実現!

次の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】石川:金沢箔

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】石川:金沢箔

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるプロ野球】わずかな年数で道民を熱狂的ファンに変えた北海道日本ハムファイターズ

【3分でわかるプロ野球】クライマックスシリーズってなんのこと?

【3分でわかるプロ野球】苦難あり伝説ありの60年以上の歴史を誇る広島東洋カープ 

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:5人制サッカー

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:7人制サッカー

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:ゴールボール

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:シッティングバレーボール

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:アーチェリー

【ウルトラJニッポン応援企画!】3分でわかるパラリンピック競技解説:ウィルチェアーラグビー

キーワードKEY WORD