ウルトラJ

2016.10.13

特集
山田洋次監督に「寅さんトランク」も贈呈 したまちコメディ映画祭コメディ栄誉賞贈呈式がサポーターの熱意で実現!

 

ウルトラJでも特集でお伝えしていた「第9回したまちコメディ映画祭 in 台東」(略称・したコメ)

その「したコメ」にて、コメディ栄誉賞を受賞された山田洋次監督ですが、当日の授賞式は撮影のため、残念ながら不参加となってしまいました。

しかし、「したコメ」を支える映画祭ボランティアスタッフの「したコメサポーター」たちの熱い想いによって、10月8日(土)に東宝撮影所にて改めて贈呈式が実現!

sitakome_01

sitakome_2

「したコメ」期間中、浅草公会堂に設置され、山田監督へのメッセージが寄せられた「寅さん」トランク。こちらも直接届けられました。

山田監督からのオフィシャルコメントは、以下のとおりです。

出席したサポーターに向けて
「本来なら当日会場に行きたかったがどうしても撮影で出席が叶わず大変申し訳ありませんでした。会場の様子は当日の出演者から聞かせて貰いました。倍賞さんの歌良かったでしょう? アカペラであんなに魅力的に歌える人はなかなかいません、彼女こそ下町の太陽です。当日は出席できなくて大変残念でしたが、今日は皆さんが来て下さって嬉しいです。ありがとうございました」

コメディ映画について
「欠点を優しく見つめるのがコメディ。完璧な人間などおらず、誰しも欠点だらけ。その欠点を優しく見つめ、笑いに変えることをいつも考えて映画を作っています。最近は感動や涙するといった重い映画が多い気がしますが、こんな時代だから今は皆笑いたいはず。観客が笑って笑って最後はもう止めてくれと言うくらい笑える映画が作れたら本望ですが、なかなか難しい。憧れで目標でもあるコメディの映画祭での受賞は本当に嬉しいです」

sitakome_3

来年は節目の第10回を迎える「したコメ」。山田監督の新作映画と合わせて、今から楽しみですね!

CIMG9410_s

■「第9回したまちコメディ映画祭 in 台東」公式サイトはこちら

■ウルトラJの「したコメ」記事はこちら

(C)2016 内山勇士/「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会