日本映画史に残る市川崑監督「東京オリンピック」 第29回東京国際映画祭で追加上映が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

■2020年の東京オリンピック&パラリンピックにつながる、1964年の感動が再び――

329
出典:http://2016.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=329

「~東京オリンピック・パラリンピック開催記念上映・リオから東京へ~」と題し、10月25日(火)より開催される「第29回東京国際映画祭」にて、市川崑監督の「東京オリンピック(デジタル修復版)」が特別上映されることが決定しました。

本作は1964年に開催された東京オリンピックの記録映画として撮られましたが、市川崑監督はただの記録映画にはしませんでした。歓喜の瞬間、試合に挑む勇ましさ、開幕式を見守る市民たちの何気ない表情など、その瞬間に生きるオリンピックにかかわる人々をカメラに分け隔てなく写したのです。「記録なのか? 芸術なのか?」という物議をかもしたものの、本作は「東京」で行われた「オリンピック」の精神と感動を後世に伝える大傑作です。

特にラストシーンでもある閉幕式は、これこそがオリンピックであると思える、映画史に残るシーンとなっています。2020年の東京オリンピックも、あのころの感動を超えるような素晴らしい大会にするべく、ぜひこの映画を通じてその精神を感じ取ってみてください!

また、第29回東京国際映画祭で特集される岩井俊二監督は、市川崑監督をリスペクトしていることでも知られています。岩井俊二作品と同じよう、映像にこだわった市川崑作品にも、ぜひ注目あれ!

null
第29回東京国際映画祭公式サイトはこちら
開催期間:2016年10月25日(火)~ 11月3日(木・祝)
開催会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) ほか 都内の各劇場および施設・ホールを使用

映画祭の魅力や楽しみ方はこちらの記事をご参考ください。

(C)公益財団法人 日本オリンピック委員会

前の記事へ

伝説の地にウルトラマンが登場! 記念プレート完成式典が10/15に杉並公会堂で開催

伝説の地にウルトラマンが登場! 記念プレート完成式典が10/15に杉並公会堂で開催

次の記事へ

【3分でわかるプロ野球】広島東洋カープの優勝を勝ち取った、帰ってきた黒田投手と躍動する若手選手たち 

【3分でわかるプロ野球】広島東洋カープの優勝を勝ち取った、帰ってきた黒田投手と躍動する若手選手たち 

関連記事RELATED ARTICLE

「シン・ゴジラ」と「キングコング対ゴジラ」も上映 「第29回東京国際映画祭」が10/25より開催

東京国際映画祭のエース・矢田部吉彦さんインタビュー 映画の魅力を伝える仕事と後悔しない生き様とは?

古舘伊知郎vsサイレント映画の1本勝負 現代版弁士が魅せる「歌舞伎座スペシャルナイト」とは?

岩井俊二監督が映し出す世界 最新作「リップヴァンウィンクルの花嫁」で描かれる日本の今とは?

「ウルトラマン」シリーズを手がけた脚本家・金城哲夫 次の50年に向けた新たな作品を作るのは?

行定勲監督も参加するアジアのオムニバス映画共同製作プロジェクト その舞台裏を語るシンポジウムが開催

東京タワーをバックに映画を観よう! 無料野外上映で映画愛を語れるイベントが10/16に開催

【細田守×堤大介】日本を代表する2人のアニメ監督がスペシャルトーク アカデミー賞ノミネート作の上映も

映画で時代を切り開いた黒沢清監督とマーティン・スコセッシ監督 東京国際映画祭「SAMURAI賞」受賞が決定

キーワードKEY WORD