ウルトラJ

2016.10.29

特集
岡山県で描かれる映画に斎藤工さんと高梨臨さんが出演 明かされた赤磐市での撮影秘話とは?

CIMG7618_s
■ゆるキャラの通訳もした斉藤さんが明かす岡山での撮影秘話。

「第29回東京国際映画祭」の特別招待作品「種まく旅人〜夢のつぎ木〜」の舞台挨拶が10月28日(金)に行われ、本作に出演する斎藤工さんと高梨臨さんが登壇しました。さらに、撮影された岡山県赤磐市のマスコットキャラクター・あかいわモモちゃんも登場し、場内をわかしました。

挨拶ののち、会場に来られなかった佐々部清監督のビデオメッセージが上映。「映画を観終わって、赤磐市に行ってみたい、桃がすっごく食べたいなと思ってもらえたら成功かな、と思っています」と語りつつ、高梨さんへ対し大ヒットしたらキスでもしてみますか? というジョークも。佐々部監督への印象として、斎藤さんは「助監督の時代が長い方なので、気持ちに無駄のない現場だった。地元の方とどう交流して映画を作っていくか熟知されている」と話しました。

CIMG7601_s

映画のなかでは、高梨さんがモモちゃんの中に入って演技をするシーンも。顔が見えないシーンでも高梨さんが実際に入って演じていたとトークで語られました。高梨さんが演じてくれてどうだったか、という質問がモモちゃんにされると、「とても光栄に思います」と斎藤さんが通訳して返す一幕も。

CIMG7501_s

さらに撮影時のエピソードが披露され、高梨さんがビンタをし合うシーンでは、本番のみ実際に叩くはずがリハーサルで間違えて叩いてしまったとのこと。相手の妹役の安倍萌生さんは本作がデビューだったため、斎藤さんは「現場はそういうものだと思っただろう。やられたらやりかえす昭和の現場みたいで本気を感じた」とコメント。また、撮影期間中のホテルでの飲み会で、氷を取りにフロントに行って顔を覚えられたというエピソードも明かされました。

最後に高梨さんから「1つ1つの出会いを大切にして感謝をしながら種を蒔いていき、夢をつないでいけたらいいなと思いました。赤磐市に出会えてとてもいい経験になったし、東京の人にも観て貰って広まっていってほしい」と想いが語られました。

高梨臨さん演じる兼業農家の片岡彩音は、今は亡き兄の遺志を継いで新種の桃「赤磐の夢」を品種登録しようと奮闘していた。そんな中、斎藤工さん演じる農林水産省の職員・木村治がレポートを書くために赤磐にやって来て……。農業など、第1次産業に携わって暮らす人々を、その土地の風土とともに描いている「種まく旅人」シリーズ第3弾。食を育てる尊さが、赤磐市の雄大な自然の中で描かれます。

ウルトラJでも特集予定の岡山県が舞台の本作。その自然の魅力と、そこで暮らす人々のドラマを、ぜひ劇場で楽しんでみてください!

「種まく旅人〜夢のつぎ木〜」
配給:アークエンタテインメント
11月5日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー!
公式サイトはこちら

null
第29回東京国際映画祭公式サイトはこちら
開催期間:2016年10月25日(火)~ 11月3日(木・祝)
開催会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) ほか 都内の各劇場および施設・ホールを使用

映画祭の魅力や楽しみ方はこちらの記事をご参考ください。

(C)2016「種まく旅人」製作委員会