2020年の東京オリンピックに向けて 市川崑監督の名作上映に歴代メダリストが集結

このエントリーをはてなブックマークに追加

CIMG8558_s
■輝く7つのメダル! 東京国際映画祭でメダリストのトークショーが開催

東京・六本木にて開催された「第29回東京国際映画祭」。11月2日(水)には、「~東京オリンピック・パラリンピック開催記念上映・リオから東京へ!~」と題して、市川崑監督の「東京オリンピック(デジタル修復版)」が、EXシアター六本木にて特別上映されました。当初、黒澤明監督が手がけるはずだった本作は、諸般の事情により市川崑監督が手がけることに。ドキュメンタリーの枠にとらわれず、当時の世相や人々の描写を取り入れた意欲作となりました。公開当時は「記録なのか? 芸術なのか?」という議論を呼んだ本作ですが、現在、4年後に再び東京の地でオリンピック&パラリンピックが開催されることになり、注目を集めています。

上映後のトークショーには、歴代のオリンピックメダリストが集結。リオオリンピックでメダルを獲得されたレスリングの吉田沙保里選手、カヌーの羽根田卓也選手、ウエイトリフティングの三宅宏実選手の3人に、三宅宏実選手の父親にして、メキシコシティオリンピックで銅メダルを獲得された日本ウエイトリフティング協会会長・三宅義行さんが登壇されました。

CIMG8358_s

三宅会長は「東京オリンピック」の感想を聞かれ、作中に登場している実兄の金メダリスト・三宅義信さんのパスを使って会場に入り、コーチ役を務めていた思い出を話します。東京の次のメキシコシティ大会で兄弟そろって獲得されたメダルは、長らく紛失されていましたが、今は三宅会長の手元にあり、トークショーでも披露されました。

CIMG8367_s

三宅宏実選手は、父と伯父がオリンピックでメダルを獲ったことがきっかけとなって自らも同じ競技をしていると話されます。メダルを獲ることはもちろん、オリンピックに出場することも難しいので、数多くのメダルを獲得された吉田選手を前に緊張していると想いを語られました。

CIMG8408_s

母校・至学館大学の副学長に就任された吉田選手。3連覇を果たした金メダルも取り出され、吉田選手自ら持っているのがアテネ大会、三宅宏実選手が北京大会、羽根田選手がロンドン大会のメダルを手に客席に披露されました。3連覇したときのメダルとリオのメダルの重さは、アテネ150g、北京200g、ロンドン440g、リオ500gとのこと。だんだん重くなっているので、東京では1㎏になるのではないかと会場を沸かせました。

吉田選手は、今回のリオ大会で学んだことは何かと聞かれ、自分を倒すために来ているライバルがたくさんいて、その気持ちを知りながらもまだ大丈夫だろうという気持ちがあったと言います。そういう気持ちがあると勝負の世界では通用しないと改めてわかったので、誰が相手でも気を引き締めていかないといけないと語られました。

CIMG8335_s

カヌー競技でアジア人初のメダルを獲得した羽根田選手。メダルをきっかけに、カヌー競技がTVなどに取り上げられることが多くなって嬉しいと、反響について話されます。トレーニング中にもカメラが回っていることに、現在も戸惑っていると言います。

さいごに2020年への抱負として、三宅会長はロンドンから連続でメダルを獲得しているので、男女でメダルを獲りたい、三宅選手はいまでも1964年の東京オリンピックが当時の方々の記憶に残っているので、次の大会もそのように記憶に残る大会にしたいと語ります。吉田選手は自分も参加して、レスリングはもちろん、日本の選手全体でいい成績が残せるように頑張りたいとし、羽根田選手は日本にとって歴史的な瞬間になるので、盛り上げる選手の1人になれればと、それぞれの決意を表明されました。

4年後に向けてこれからますます盛り上がりを見せていく東京オリンピック&パラリンピック。かつての大会を改めて観ることで、次のオリンピックを成功に導くヒントを得られるかもしれませんね。

null
第29回東京国際映画祭公式サイトはこちら
開催期間:2016年10月25日(火)~ 11月3日(木・祝)
開催会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) ほか 都内の各劇場および施設・ホールを使用

映画祭の魅力や楽しみ方はこちらの記事をご参考ください。

前の記事へ

【岡山城にウルトラマンが登場!】大盛況のオープニングセレモニー! 50年史記念展、11/30まで開催中!!

【岡山城にウルトラマンが登場!】大盛況のオープニングセレモニー! 50年史記念展、11/30まで開催中!!

次の記事へ

岡山県赤磐市が舞台の映画が全国公開 主演の高梨臨さん、斎藤工さんらが描いたマスコットキャラは?

岡山県赤磐市が舞台の映画が全国公開 主演の高梨臨さん、斎藤工さんらが描いたマスコットキャラは?

関連記事RELATED ARTICLE

【シン・日米怪獣王対決】あの「キンゴジ」が色鮮やかに蘇る! 中野昭慶特技監督と町山智浩さんのトークショー付きで11/1上映

東京国際映画祭のエース・矢田部吉彦さんインタビュー 映画の魅力を伝える仕事と後悔しない生き様とは?

「生きるということに涙があふれてくる作品です」 のんさん主演のアニメーション映画「この世界の片隅に」

東京国際映画祭開幕! 安倍首相や黒木華さんが登場した豪華レッドカーペットをレポート

岡山県で描かれる映画に斎藤工さんと高梨臨さんが出演 明かされた赤磐市での撮影秘話とは?

東京国際映画祭ならではの素敵な光景 アジアでともに生きる人々を描いた映画とは?

映画を通じてアジアの文化を受け入れる大切さ 行定勲監督も参加する映画プロジェクトとは?

東京タワーと一緒に映画を楽しむ! 開放感いっぱいの野外上映会に行ってみた

歌舞伎座で古舘伊知郎さんが喋り倒す! 「同時通訳なんてできる訳ないですから、とにかく喋りまくって、脱線もします」

キーワードKEY WORD