ウルトラJ

2016.11.09

特集
【3分でわかるニッポンの伝統工芸】千葉・房州うちわ

房州うちわ
出典:http://kougeihin.jp/item/1402/

うちわの産地として有名な、「日本三大うちわ」をご存じですか? 京都の「京うちわ」、香川の「丸亀うちわ」と並ぶうちわが、千葉県は館山市で作られている「房州うちわ」です。

房州は当初、うちわ作りではなく、原料の竹の産地として有名でした。明治に入り東京から職人を招くと、うちわの産地として発展し始めます。さらに大正12年に起きた関東大震災の影響で、日本橋にあった問屋が館山に移住した結果、館山周辺でのうちわ生産が盛んになりました。最盛期は漁師の妻たちの内職として、年間800万本も生産されていたそうです。

現在は扇風機を始め、うちわの代わりになる家電が普及したため、生産量は落ちてしまいました。その一方、うちわならではの「自由に絵を描ける」ところに、伝統工芸として新たな需要も生まれてきています。花や美人画などが描かれた手作りの竹製うちわを、インテリアやコレクションとして集めてみてはいかがですか?

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「房州うちわ」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02