【3分でわかるニッポンの伝統工芸】岡山:勝山竹細工

このエントリーをはてなブックマークに追加
勝山竹細工
出典:http://kougeihin.jp/item/0628/

みなさんのご家庭では竹細工を使っていらっしゃるでしょうか? 水切りのざるなどは、最近ではほとんどがステンレスやプラスチックの製品になりましたが、昔ながらの竹細工には、肌触りやあたたかさや、使いやすさなど、独特の良さがありますよね。

勝山竹細工」は岡山県真庭市の勝山地区でつくられている伝統工芸品。その起こりは19世紀なかば、幕末のころだといわれています。当初から、あくまで実用品として生産されており、農耕や漁業に使う「ざる」や「かご」などがつくられていました。

勝山竹細工は、地元で採れる真竹を材料に、ひとつひとつが職人の手仕事でつくられています。竹の青い表皮と内部の白い部分が交互に編まれることで、美しい網目模様になり、素朴で繊細な拵え(こしらえ)物としての魅力とともに、実用品としての強靭さが生まれるのです。

現在でも、勝山竹細工の職人さんによって、伝統を受け継ぎながらも新しいものを生み出そうと、ワークショップをはじめとする積極的な活動がおこなわれています。昔ながらの製品だけではなく、日用雑貨や花器など、用途も多様に広がってきた勝山竹細工。みなさんのご家庭でもぜひお使いください。きっと竹の良さを実感できることでしょう。

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「勝山竹細工」を知りたい方はこちら

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

前の記事へ

【岡山グルメ特集】濃厚なホルモンの香りがたまらない逸品! 「津山 ホルモンうどん」を食レポ

【岡山グルメ特集】濃厚なホルモンの香りがたまらない逸品! 「津山 ホルモンうどん」を食レポ

次の記事へ

【岡山グルメ特集】岡山のお土産売り上げNO.1商品 「大手まんぢゅう」を食レポ

【岡山グルメ特集】岡山のお土産売り上げNO.1商品 「大手まんぢゅう」を食レポ

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京石工芸品

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】新潟:越後与板打刃物

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】秋田:大館曲げわっぱ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京黒紋付染

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:西陣織

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京表具

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:江戸切子

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】広島:熊野筆

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】兵庫:播州そろばん

キーワードKEY WORD