【これが岡山の大秘境】断崖の中の鍾乳洞・井倉洞にぼっちで行ってみた・前編 

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん! ウルトラJ岡山特集もラストスパート。毎日楽しんでますか! ウルトラJライターのウインダム山田ですよ!

IMG_0646_s

さてさて、こちらは10月某日にわたしが撮影した岡山城! 会場の視察やVRの撮影に同行していたときに撮ったものですね。それも終わって皆で東京へ帰ろうというところ…

編集部の偉い人(通称・セブン上司)「ウインダム山田は居残りね」

ウインダム山田「えっ」

わたしだけ一泊して「岡山の魅力的なスポットを取材して来い」という命を受けまして、セブン上司の筆頭ライター(パシリ)としては、逆らえず……。

とりあえず、皆さんを見送りがてら、岡山駅へ。駅にある「ももたろう観光センター」で情報収集することに。

ウインダム山田「岡山の観光スポット(岡山城とその周辺以外)といえば、どこでしょうか?」

観光センターの人「そうですねぇ、海と山はあります」

ウインダム山田、登山部出身なのでにしました。

CIMG5001_s

そのまま岡山駅でJR伯備線の新見行きに乗り込みます。もちろん観光センターではいろいろお話聞いていまして、岡山駅から約1時間30分ほどの距離にある、井倉洞という鍾乳洞のパンフレットを見せて頂きました。ウルトラJでこの記事を見てから、一度鍾乳洞に行ってみたかったのです。行くと決めたら即行動です!

CIMG5052_s

乗り始めて30分もすると、ローカル線ならではの景色が広がってきました! 思わずカメラでパシャパシャしていたら、社内で食べたきびだんごの写真を撮り忘れました。

……それくらい良い景色ってことですね! 山感も出てきましたよ!

CIMG5062_s

そうこうしていると、井倉洞のある井倉駅に着きました。

CIMG5064_s

山っていうか断崖が目の前にありました。

CIMG5077_s

東京には駅の上に駅ビルがよくありますが、岡山には駅山があります。駅のバックが雄大すぎます。

CIMG5070_s

さて、お目当ての井倉洞までは、500mとのこと。「駅近くです」と聞いていたので安心。ちなみに満奇洞という鍾乳洞もありますが、ちょっと遠いので今回は行きません!

CIMG5067_s

日本人なら、このひらがな三文字を見て多くの方が連想すると思うので、「ハーイ!」「チャーン」「バブー」って言ってみました。

…誰もホームにいなかったので、そのまま進みます。

CIMG5084_s

自然を満喫するという意味では、駅についた時点ですでに電車賃以上に元を取っている気がします。さて、井倉洞はどっちだと看板を探すと…

CIMG5083_s

さっき500mって言ったじゃん! 

ちなみに、平日の昼間だからなのか元からなのかはわかりませんが、周りにほぼ人影はなく、バスが1台留まっているだけの駅前でした。ちょっと不安になりつつあります。

CIMG5087_s

標識のサビっぷりがいい味を醸し出しすぎている道を(ぼっちで)進みます。

CIMG5090_s

600mのところまで来ました。山という名の断崖がどんどん迫ってきます。

CIMG5100_s

てくてくと歩いて、ようやく入り口が見えてきました。しかし看板がデカイ。山に負けじとしている感がアリアリですね!

CIMG5102_s

駐車場からもはやお馴染みの断崖を撮影。真ん中のちょっと低いところから怪獣が出てきそうな雰囲気がありますね!

とまあ言いつつも、山の中にある鍾乳洞なので、山(断崖)があるのは想定の範囲内なのですが、駐車場からさらに進むと…

CIMG5104_s

D51!! ま、まさかこれは……

CIMG5107_s

ウインダム山田、鉄道ファンというわけではありませんが、いきなり目の前にD51形蒸気機関車(通称・デゴイチ)が出てきたら興奮しますよ! ぼっちで不安でしたけど、ノー・モア・クライ! 寂しいとか言わずに取材しますよ!

IMG_0648_s

ルンルンで進むと、そこは不思議の国でした。「千と千尋の神隠し」ですか!

人気がないのは相変わらずで、突然目の前に異世界のような街並みと川と目前に迫りすぎの断崖、そして見えますか、写真の真ん中…

IMG_0649_s

滝です。

僕は断崖絶壁を見に来たわけでも不思議の国を見に来たわけでもデゴイチを見に来たわけでも、ましてや滝を見に来たわけじゃありません! 井倉洞という鍾乳洞に来たんです! いつになったら鍾乳洞の入り口があるんですか! 泣かないと誓って1分、泣きたくなってきました。早く入りたい!

CIMG5147_s

うわぁ、これ入ったら帰ってこれないやつ! わたし何か悪いことしましたかね!

さて、というわけでウインダム山田のぼっち旅(仮)。井倉洞に入るまでの撮れ高が異常だったので前後編でお届けします。

はたしてウインダム山田はこの闇の中から帰ってこれたのか!? そしてそこで観た光景とは! 次回もみんなで読もう!

後編はこちら

プロフィールPROFILE

ウインダム山田

セブン上司の筆頭カプセル怪獣(という名のパシリ)として今日も今日とて日本全国いいとこ探し! 旅行・グルメ・伝統工芸・映画・アニメ・特撮などなどの魅力をお伝えするのが使命!

前の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】青森・津軽塗

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】青森・津軽塗

次の記事へ

【1988年のウルトラマンといえば?】一般ドラマからゲームソフトまで様々に展開! 50年の歴史を振り返る・その23

【1988年のウルトラマンといえば?】一般ドラマからゲームソフトまで様々に展開! 50年の歴史を振り返る・その23

関連記事RELATED ARTICLE

「ウルトラJ meets オカヤマ」が本日からスタート 岡山城イベント会場の様子をチラ見せ!

【1966年のウルトラマンといえば?】すべてはここから始まった! 「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る・その1

【1966年の岡山城】市民のシンボルの新たな歴史がスタート 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その1

【岡山グルメ特集まとめ】地元の人オススメの岡山グルメをまとめました 

東京に居ながら岡山県を楽しめるアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」 レアな高級食材も置いている店内をレポート

日本で唯一の砂漠「裏砂漠」 その場所がある意外な都道府県とは?

富山が日本一の避暑地である理由とは? ご当地ライターがおすすめする富山の夏スポット3選!【富山vol.2】

【富山特集Vol.3】細田守監督の地元・富山で開催中の「バケモノの子」展がすごい! ご当地ライターがおすすめする富山の夏スポット 【あの名シーンが完全再現!】

巨大松明、大地に立つ!! 総勢250名によって運ばれる大松明と姫松明――松明あかしレポート【前編】

キーワードKEY WORD