【これが岡山の大秘境】断崖の中の鍾乳洞・井倉洞にぼっちで行ってみた・後編 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウルトラJ岡山特集もラストスパート。毎日楽しんでますか……。 ウルトラJライターのウインダム山田ですよ……。

そんなテンションの低い挨拶があるかって話ですが、前編のラストにお見せした鍾乳洞・井倉洞の入り口前ぼっちで立ってごらんなさいよ! 入れますか、あなた!

CIMG5147_s

暗いっていうのもありますが、冷蔵庫の前に立った時のような冷風が闇の中から吹いてくるんですよ。10月半ばごろで秋まっさかりですから、そこまで厚手の服じゃないですからね……。

さて、ちょっと時を戻しまして。

CIMG5123_s

不思議の国の入り口にしか見えない井倉洞付近の観光地にはこのような看板。帰って来る自信がなかったので行きに注文はしませんでしたが、食事ができるお店が立ち並び、人もいたので一安心

CIMG5124_sCIMG5128_s

しかし、豪華な作りです。観光スポットとして力が入っていますね。

CIMG5129_s

川辺にも降りることができましたが、「ウルトラマン」シリーズでよく見る、怪獣が出てくる山奥そのものです。ウルトラホークが着陸していそうですね。

CIMG5131_s

井倉洞の入り口は、その川を橋で渡っていった向こう。緑の屋根のあたりです。ちなみに、横にある滝の名前はそのものずばり「井倉の滝」。井倉洞の入り口で係りの人に聞いたら、鍾乳洞の中から水を出すためなどに作った人工の滝で、取材に行った日は前日の夜に大雨が降っていたため、たまたま盛大に水が落ちているのだとか。日によっては見れない光景だったようで、なかなか運はよかったようですね。

CIMG5138_s

橋を上るときに、鍾乳洞帰りの2人組とすれ違ったのが最後、中に入って出るまで誰とも遭遇しませんでした圧倒的な自然が目の前に広がります。

CIMG5142_s

しかし、良い景色ですね。青空、山、川、そして木々。圧倒的なスケールで堪能できます。

CIMG5147_s

というわけで、入り口です。早く入れよ! というツッコミ承知ですが、さすがに怖かったんですよ! とはいえお金も払ったし、いつまでもじっとしていてもしょうがないので、意を決して中へ入りましょう。

次ページ:鍾乳洞の中には、滝と海がありました。

前の記事へ

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】富山・高岡銅器

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】富山・高岡銅器

次の記事へ

夜天に舞い上がる紅蓮の炎! 30本もの松明と仕掛け松明、そして現地の人たちも熱い――松明あかしレポート【後編】

夜天に舞い上がる紅蓮の炎! 30本もの松明と仕掛け松明、そして現地の人たちも熱い――松明あかしレポート【後編】

関連記事RELATED ARTICLE

「ウルトラJ meets オカヤマ」が本日からスタート 岡山城イベント会場の様子をチラ見せ!

【1966年のウルトラマンといえば?】すべてはここから始まった! 「ウルトラマン」50年の歴史を振り返る・その1

【1966年の岡山城】市民のシンボルの新たな歴史がスタート 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その1

【岡山グルメ特集まとめ】地元の人オススメの岡山グルメをまとめました 

東京に居ながら岡山県を楽しめるアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」 レアな高級食材も置いている店内をレポート

日本で唯一の砂漠「裏砂漠」 その場所がある意外な都道府県とは?

富山が日本一の避暑地である理由とは? ご当地ライターがおすすめする富山の夏スポット3選!【富山vol.2】

【富山特集Vol.3】細田守監督の地元・富山で開催中の「バケモノの子」展がすごい! ご当地ライターがおすすめする富山の夏スポット 【あの名シーンが完全再現!】

巨大松明、大地に立つ!! 総勢250名によって運ばれる大松明と姫松明――松明あかしレポート【前編】

キーワードKEY WORD