【3分でわかるニッポンの伝統工芸】埼玉:春日部桐箪笥

このエントリーをはてなブックマークに追加
春日部桐箪笥
出典:http://kougeihin.jp/item/0607/

マンガやTVアニメの人気作品「クレヨンしんちゃん」の舞台として有名な「春日部」。そこで生まれた「春日部桐箪笥」をご存知ですか?

「春日部桐箪笥」は、日光東照宮を作る職人たちの手で生まれました。江戸時代初期、日光街道に沿った宿場町の春日部の周りに、桐の木がたくさんあることに目を付けた職人たちは、その地に定住して桐を使った家具を作り始めました。その流れから桐箪笥も作られ、現在に至るまで技術を向上させています。

「春日部桐箪笥」は、防湿性、難燃性、軽量という3つの特徴があります。桐材は湿気が多いと膨張して目がつまり、乾燥すると収縮して元に戻ります。火災のときに箪笥へ水をかけると、水気により膨張し火の入る隙間がなくなります。どちらも桐材の特徴により、お気に入りの衣服を守る役割をしてくれます。現在その良さを広めるため、春日部では、「春日部桐箪笥」の理解者を増やす講座やイベントなどを開き、伝統の普及に努めています。「春日部桐箪笥」に興味がある方は、一度参加されてはいかがでしょうか。

「ウルトラJ」では、ニッポンのさまざまな伝統工芸品を応援しています!

■もっと詳しく「春日部桐箪笥」を知りたい方はこちら(春日部市特産品協議会サイト内)

■ニッポン全国の伝統工芸品まとめはこちら

■「ウルトラJ」での商品化企画はこちらより

rd400_ec_banner02

前の記事へ

【ニッポン全国ウルトラ探しの旅】神奈川県・箱根湯本駅周辺を散策してみた!その4 ・ムク&ハリとは? 箱根のウルトラなお土産「箱根寄木細工」

【ニッポン全国ウルトラ探しの旅】神奈川県・箱根湯本駅周辺を散策してみた!その4 ・ムク&ハリとは? 箱根のウルトラなお土産「箱根寄木細工」

次の記事へ

【2016年のウルトラマンといえば?】様々なウルトラマンの力を借りて戦う『ウルトラマンオーブ』が始まる 50年の歴史を振り返る・その51

【2016年のウルトラマンといえば?】様々なウルトラマンの力を借りて戦う『ウルトラマンオーブ』が始まる 50年の歴史を振り返る・その51

関連記事RELATED ARTICLE

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛知・三河仏壇

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】大阪府:大阪唐木指物

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】滋賀:近江上布

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】沖縄・壺屋焼

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】福井:若狭めのう細工

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】愛知:岡崎石工品

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山口:大内塗

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】東京:多摩織

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】石川:山中漆器

キーワードKEY WORD