ガラスで表現する幻想世界――匠の技が光る「a wa glass 泡グラス」

このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃、和食にシャンパンなどの発泡系のお酒を合わせる方が増えています。シャンパンならフランス料理とセットにしなければ、という固定観念も今は昔。たしなむ人それぞれが、組み合わせを自由に選ぶ時代になっているのです。でも、せっかくなら組み合わせだけでなく、お酒を入れるグラスにも目を向けてみませんか? たとえばこちら「Sghr スガハラ」の泡グラスは、ガラスによって幻想的な雰囲気を演出する逸品なのです。その魅力をご紹介しましょう!

 

ultrapoint03
up01シャンパンの泡とグラスの泡が混じり合う技巧がすごい!
up021つ1つ手作りされることで生まれるオリジナリティ
up03食卓の上で非日常を演出。贈り物にも最適!


up01ガラスの中に幻想的な世界が出現する!

rd850_01
出典:http://www.premium-j.jp/culture/19100/

フォルムはあくまでもシンプル。控えめな見た目は、割烹料理店にもなじみそうですね。注目すべきは、グラスの底や側面に施された、泡を散りばめたデザインです。華やかな意匠だけでなく、驚きの技巧になっているのです! シャンパンを注ぐと、レンズ効果でグラスの中に閉じ込められた泡の大きさが変化していきます。そして、シャンパンの泡とグラスの泡が渾然一体に! つまり、天然の泡と人工の泡が混じり合う仕組みになっているわけです。その様はまさに幻想的で、感動を覚えずにはいられません!

 

up02手作りなので同じものは2つと無く、泡の表情にもオリジナリティが!

rd850_02
出典:http://www.premium-j.jp/culture/19100/

製品は職人が1個ずつ手作りしているため、まったく同じものが出来ることはありません。それはつまり、作り出される泡の形状にもオリジナリティが生まれるということ。透明度の高いガラスを使っているため、グラスに入れる飲み物の色で泡の色が変わるのも魅力です。まるでガラスの一番いい表情を切り出すかのよう。ガラスの性質を知り尽くしていなければ、こんな芸当はできません。デザインの安定さとグラスの底に散りばめられた泡の繊細さ。芸術作品と言っても過言では無いでしょう。

 

up03非日常を感じるアイテムを、大切な人へ贈ろう!

rd850_03
出典:http://www.premium-j.jp/culture/19100/

食卓に泡グラスがセッティングされたことで始まる、穏やかな時間。魔法にも似た贅沢を自分だけのものにというのもアリですが、この感動を誰かと共有してみたくなりませんか? そんな時はぜひ、大切なあの人やお世話になった方への贈り物に。相手は喜んでくれるだけでなく、あなたのセンスにも感心することでしょう!

「Sghr スガハラ」では、泡グラス以外にも、多様なガラス製品を作られています。普段使いでありながら、少し非日常を感じさせてくれる品が多いのが特徴。「Sghr スガハラ」を通じて、奥深いガラスの世界へと入ってみませんか?

 

「ワイングラス」
価格:アワ グラス シャンパン 5,400円(税込)

写真:©SUGAHARA GLASSWORKS INC.

前の記事へ

1日2組限定リゾートでロマンティックなひと時を! 「ワンスイートホテル&リゾート古宇利(こうり)島」

1日2組限定リゾートでロマンティックなひと時を! 「ワンスイートホテル&リゾート古宇利(こうり)島」

次の記事へ

【夏こそ富山のゲレンデへ!】ご当地ライターがおすすめする富山の夏スポット3選!【富山vol.1】

【夏こそ富山のゲレンデへ!】ご当地ライターがおすすめする富山の夏スポット3選!【富山vol.1】

関連記事RELATED ARTICLE

Made in TOKYOで欧米にも輸出していた! 昭和の風情を感じる「BRUNCH」のグラス

ガラス × 漆が美しい! 万華鏡をモチーフにした漆硝子のシリーズ「hyakushiki」

夏のビールをワンランクアップ! “山中漆器”の技術で作られた「味餐楽Tumbler(みさらくタンブラー)」

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】和歌山:紀州漆器

実は日本が誇るお土産だった! 元祖食品サンプル屋の「食品サンプル」

「出たな!イラブー! これでも食らえッ!」 ウルトラ【まる怪】グルメ 第24回〜沖縄編その2〜

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】兵庫:播州毛鉤

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山梨:甲州印伝

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】福岡・上野焼

キーワードKEY WORD