ついお酒を注ぎたくなる!見た目にも涼やかにお酒を楽しめる岐阜発の酒器「ころん」

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の手にも収まりがよく、そのフォルムに心和む酒器「ころん」。涼やかに氷を乗せて、お酒を注ぎ合うひとときを楽しむことができる逸品です。大切な人をおもてなししたい時に、ぜひ使ってみたい酒器の魅力をお届けします!

 

ultrapoint03
up01「使って楽しい器」をコンセプトにした新しい発想の酒器
up02 桜色、水色、白色の3カラーで、女性らしいおもてなしを!
up03ワインを入れてもよし! ちょっとした演出にも最適


up01お酒を注ぎたくなるデザインは、所作も美しく!

rd850_1602LIFE06_coron1a
出典:http://www.premium-j.jp/lifestyle/14788/

上に重なった丸い器に氷を入れると、中のお酒を冷やすことができるしくみの「ころん」。クラッシュアイスはもちろん、家庭で作る氷なら5~6粒が最適です。注ぐために傾けると、中の器だけが水平にバランスを保ちます。おいしい日本酒を入れて、互いに注いで注がれるねぎらいの心を持ったひとときを楽しむ、日本らしいおもてなしにぴったりですね。カラーは桜(ピンク)、水(青磁)、雪(白)の淡い3色。両手でそっと包み込むように持つと、お酒を注ぐ所作も美しく映えますよ!

 

up02由緒ある製陶所で作られる「使って楽しい器」

rd850_1602LIFE06_coron2
出典:http://www.premium-j.jp/lifestyle/14788/

「ころん」は、岐阜県で大正13年に設立されたヤマ亮横井製陶所で作られています。創業当初は神仏具の制作が中心でしたが、暮らしの酒器も手がけるようになり、現在は3代目の横井亮一さんが「使って楽しい器」をコンセプトに、新しい発想の器を手がけています。もともと同じ構造で作られた「ゆらり」という名の酒器があり、その女性版として企画された「ころん」。男性のひとり酒をイメージして企画された「ゆらり」が、意外と女性に好評だったことから生まれたといいます。

 

up03日本酒だけでなく、ワインを冷やしても楽しめる!

rd850_1602LIFE06_coron3
出典:http://www.premium-j.jp/lifestyle/14788/

冷酒を飲むには最高の酒器ですが、もちろん使い方は自由! サイズも1.5合と2合があり、2合ならちょうど375mlのハーフボトルのワインが収まる容量です。ボトルをワインクーラーに入れてテーブルにのせると意外と幅をとり、水気をきらなければならない手間もあるので、便利な小ぶりの器があると重宝しますよ。すでに冷やしたお酒があれば、内側の器に氷のかわりに、ちょっとした肴を乗せて箸でつつくのも、また一興です。

 

「ころん」
カラー:桜(ピンク)、水(青磁)、雪(白)
価格:1.5合(270cc) 2800円(税抜)
2合(375cc) 3800円(税抜)
ミニピッチャー(90cc) 1200円(税抜)
杯 500円(税抜)

前の記事へ

Made in TOKYOで欧米にも輸出していた! 昭和の風情を感じる「BRUNCH」のグラス

Made in TOKYOで欧米にも輸出していた! 昭和の風情を感じる「BRUNCH」のグラス

次の記事へ

【ウルトラマンの迫力のジオラマが登場!】明日開催の「ものづくり 匠の技の祭典2016」、ジオラマセットをチラ見せ!

【ウルトラマンの迫力のジオラマが登場!】明日開催の「ものづくり 匠の技の祭典2016」、ジオラマセットをチラ見せ!

関連記事RELATED ARTICLE

晩酌が楽しくなる! 遊び心と実用性を兼ねた「酒器だるま」

愛らしいデザインにご注目! 濃淡が魅力の「黒染」の酒器とは?

ガラス × 漆が美しい! 万華鏡をモチーフにした漆硝子のシリーズ「hyakushiki」

東京に居ながら岡山県を楽しめるアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」 レアな高級食材も置いている店内をレポート

【2016年ウルトラJ振り返り企画vol.5】日ハムの優勝で幕を閉じたプロ野球 ウルトラJの2016年プロ野球特集記事をまとめました

第1回【ウルトラJが行く!沖縄県のウルトラスポット】 実際の書斎が残されている「金城哲夫資料館」

世界一と日本一、2種類の「イチバン」が3つも拝める熊本の「イチバン」なスポット3選

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京友禅

【1979年の岡山城】岡山市が市制90周年を迎える 「岡山城」50年の歴史を振り返る・その14

キーワードKEY WORD