ウルトラJ

2016.09.21

お土産
キーワードは「Kawaii」 新しいこけしの魅力を伝える展覧会が横浜で開催!

いま日本の伝統的なお人形・こけしが女性を中心に人気になっているのをご存知ですか?

かつて子供へのお土産やおもちゃとして親しまれてきたこけしは、東北六県の温泉地を中心に発展してきました。そしてそれらのこけしは、地域ごとに異なる特徴から11系統に部類され、「伝統こけし」と呼ばれています。

d13670-191-919882-1

現在活躍しているこけし工人は、伝統を踏まえた上で新しい型や描彩に挑戦しており、その中でも今回は「Kawaii」をキーワードに、新しいこけしの魅力をたっぷり味わえる展覧会を開催するとのこと。場所は、横浜人形の家です。

d13670-191-417900-2

注目を集めている6人の女性こけし工人をはじめ、人気工人の作品が200体以上集結! 宮城県の鳴子温泉で毎年開催される「全国こけし祭り」でおなじみの、高さ約2メートルの巨大こけしも県外で初めて展示されます。

そのほかにも、ミニこけしを作ることができるイベントも開催されるので、ぜひご注目を。

詳細は下記公式サイトをご覧ください。

d13670-191-364846-0

日本の伝統工芸でもある、こけしの魅力を再確認できる展覧会へぜひ出かけてみてくださいね!

■「Kawaiiこけし展」概要
会場:横浜人形の家3階 企画展示室
日程:平成28年10月1日(土)~11月27日(日)※毎週月曜休館(ただし、祝日の場合は翌平日)
観覧料:大人(高校生以上)200円、小人(小・中学生)100円
※別途入館料(大人400円、小人200円)が必要