夏のビールをワンランクアップ! “山中漆器”の技術で作られた「味餐楽Tumbler(みさらくタンブラー)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆったりとくつろぐビールの時間。コップに注いで呑むのも、缶から直接呑むのも良いですが、そんなあなたの晩酌が、ワンランクアップすること間違い無しのアイテムをご紹介です。それは、石川県の伝統工芸「山中漆器」の技で作られた、ビール専用のタンブラー「味餐楽Tumbler(みさらくタンブラー)」。いつもの何気ないひとときを、このタンブラーで上質な時間に変えてみませんか?

 

ultrapoint03
up01ユニークなデザイン×考え抜かれた実用性
up02きめ細なビールの泡を作る秘密は、内拭き漆と内金箔
up03普段使いしたくなる、一生もののビアタンブラー


up01漆で表現されたビアタンブラーは、山中漆器の新境地

rd850_1602LIFE33_MisarakuTumbler1
出典:http://www.premium-j.jp/lifestyle/16016/

日本を代表する伝統の器が、ビールをモチーフにしたユニークなデザインになって登場。あふれそうになる泡を表現したふたは、セッティング時にはホコリよけに、いざビールを飲む時にはコースターにもなるというすぐれものです。ホームパーティでも話題になりそうな新感覚のタンブラーになっています! 色合いを拭き漆によって表現したカラーは、「ピルスナー」、「ハーフ&ハーフ」、「ブラック」の3色をご用意。ビールの種類に合わせて、タンブラーを変えてみるのも楽しみの1つですね。仕様は、内側まで漆塗りにされた内拭き漆タイプのほか、内金箔も選ぶことができますよ。

 

up02細かなアイディアがあなたの至福の時間を演出する

rd500_1602LIFE33_MisarakuTumbler2
出典:http://www.premium-j.jp/lifestyle/16016/

この山中漆器のビアタンブラーは、伝統の山中漆器を手がける漆工房大島と、石川県の新進気鋭のデザイナーがコラボレーションして実現したそうです。山中漆器のこれまでにないフィールドを模索した結果、ビールを飲む至福の時間を演出するための酒器がターゲットとなったとのこと。凝ったデザインに加え、天然の塗料である漆は、見た目の味わいだけでなく、ビールのきめ細やかな泡立ちにも一役買ってくれています。金箔にもトップコートなどはかけていないので、表面は素材そのまま。この金箔もまた、ビールの泡づくりに効果的。見た目だけではなく素材にもこだわった、ビールを楽しむことを追求したタンブラーなのです!

 

up03特別は、いつしか一生ものに

rd850_1602LIFE33_MisarakuTumbler3
出典:http://www.premium-j.jp/lifestyle/16016/

デザインを手がけたのは、金沢を拠点に国内外に活動の場を広げている総合デザイン会社、エイジデザイン株式会社代表の稲垣揚平さんです。伝統工芸である山中漆器を、もっと日常で使うもので表現したいという思いがあったのだとか。良いものだからこそ塗り直しもすることができるので、まさに一生もののビアタンブラーです。

ビールそのものをあしらったデザインは、「食器棚に置いてあっても、ふと目に入った時にビールが飲みたくなるように」という思いが込められています。ぜひ普段使いにして、山中漆器の良さを見た目と肌で感じてください!

 

「味餐楽Tumbler」
L/幅80×奥行80×高さ135mm/重量100g(ふた含む 容量:約250ml
S/幅75×奥行75×高さ120mm/約90g(ふた含む) 容量:約200ml
主要材料:本体/ケヤキ、漆、ウレタン(受注オーダーにて、内面本金箔も可)ふた/とち、ウレタン
味餐楽タンブラー L 内金箔 1万3000円(税抜)
味餐楽タンブラー L 内金箔 蓋付き 1万8000円(税抜)
味餐楽タンブラー L 内拭漆 7500円(税抜)
味餐楽タンブラー L 内拭漆 蓋付き 1万2500円(税抜)
味餐楽タンブラー S 内金箔 1万2000円(税抜)
味餐楽タンブラー S 内金箔 蓋付き 1万7000円(税抜)
味餐楽タンブラー S 内拭漆 6500円(税抜)
味餐楽タンブラー S 内拭漆 蓋付き 1万1500円(税抜)

前の記事へ

「長崎くんち」や10mの竹の上での曲芸「竹ン芸」など! 長崎県の「ウルトラな祭」5選

「長崎くんち」や10mの竹の上での曲芸「竹ン芸」など! 長崎県の「ウルトラな祭」5選

次の記事へ

けん玉がグローバル化! 音とプレイ感が心地良い「JAC KENDAMA」

けん玉がグローバル化! 音とプレイ感が心地良い「JAC KENDAMA」

関連記事RELATED ARTICLE

ホロホロと解けるカブの食感に瞠目! バラエティ豊かな福島県須賀川市の郷土料理を味わえる「須賀川kitchenあぐり」

【イベントレポート】SKY CIRCUS サンシャイン60展望台で開催中のVリーグとウルトラマンコラボイベントに行ってみた

【2000年代のウルトラマンといえば?】2000~2009年までのウルトラマン50年の歴史を振り返る・総集編5

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】山形・山形鋳物

【1989年のウルトラマンといえば?】アニメ映画『ウルトラマンUSA』が劇場公開! 50年の歴史を振り返る・その24

那須高原の名勝地・殺生石で行われる火祭や関東三大奇祭も! 栃木県で開催される「ウルトラな祭」5選

いとうせいこうさんが語るコメディ映画の見どころ 松田龍平さんが演じる 21 世紀版の「寅さん」とは?

【3分でわかるニッポンの伝統工芸】京都:京焼・清水焼

市川崑監督「東京オリンピック」が特別上映 ゲストに歴代メダリストが集結

キーワードKEY WORD