ウルトラJ

2018.01.06東京都 荒川区

グッズ
「ウルトラマン」の名シーンをスノードームで完全再現!!

ウルトラマンシリーズ
ウルトラマンシリーズ

名シーンをアートで再現!

スノードームとは、ガラスでできた球体の中に水やグリセリンでできた透明な液体と、雪を模した白い粒やミニチュアなどを閉じ込め、雪がしんしんと降る風景を再現したインテリアです。どなたも一度はお店で見たことがあるのではないでしょうか?

そんなスノードームで、「ウルトラマン」の名シーンを再現した製品ができました!

日本有数のスノードーム・コレクターである伊達ヒデユキさんが代表を務める「クールラッシュ」がプロデュース。原型はゴジラやガメラ、ディズニー作品まで、多くの有名作品を担当してきた「増川デザイン工房」が制作しました。

「ウルトラマン」ファンはもちろん、スノードームが好きな人にも、舞台の再現度や原型の細やかさからとても喜ばれるインテリアとなっています。

rd800_IMG_7105

『ウルトラマン』スノードーム「まぼろしの雪山」

rd800_IMG_7101

『ウルトラセブン』スノードーム「地震源Xを倒せ」

今回発売されるのは「まぼろしの雪山」と「地震源Xを倒せ」の2種類。それぞれのモデルになったストーリーは、どんなものだったのでしょうか?

まずは、「まぼろしの雪山」のご紹介から。同名のタイトルが原作「ウルトラマン」の第30話にあり、そこに登場する伝説怪獣ウーとウルトラマンとの対決シーンをモデルにしています。

遭難が相次ぐ雪山にて猟師が怪獣ウーに襲われたという話が相次ぎ、現地に派遣されたハヤタ、アラシ、イデの3隊員。唯一、怪獣ウーと心を交わすことのできる少女「雪ん子」は町の人々から忌み嫌われ、遭難事件も雪ん子の仕業と決めつけられ、追い詰められてしまいます。怪獣ウーを倒しにやってきた隊員達を見つけた雪ん子は、

「事件はウーの仕業じゃない。悪い怪獣じゃないのよ」

という言葉を放ちその場を去ります。隊員達の心にその言葉が引っ掛かり、「本当はウーは悪い怪獣ではないんじゃないか」と思い始めますが、そこにウーが現れます。

伝説怪獣ウー

憤慨したウーがスキー場で暴れる中、ハヤタ隊員はウーの暴走を止めようとウルトラマンに変身し暴れる怪獣ウーと対峙します。

まさに、スノードームで再現されたシーンですね!

原作のほうはこのあと、雪ん子が戦いを止めたことでウーが幻のように消えてしまいます。実は雪ん子には、吹雪の中で行き倒れていた過去があり、その時に母親を亡くしています。ウーは、雪ん子が心配で見守っていた母親の魂だったのでしょうか。吹雪の雪山が舞台というのも相まって、なんともしんみりする物語です。

 

もう一方の「地震源Xを倒せ」は、「ウルトラセブン」の物語がモチーフとなっています。モデルになったのは第20話「地震源Xを倒せ」です。

有名な地質学者の助手に化け、地球の中心核を構成する物質「ウルトニウム」を盗掘しようと企むシャプレー星人。博士の元で情報を得ながら地底のウルトニウムを掘り出そうと、ウルトニウムを餌とする核怪獣ギラドラスをコントロールしていたのです。

シャプレー星人

ウルトニウムは地球の中心核なため、大量に掘り出してしまうと地球が崩壊してしまいます。ウルトニウムの減少に危機を感じたダン、フルハシ、アンヌ隊員は調査を始めます。博士や隊員達の追求により正体を現したシュプレー星人は、隊員たちとの戦いで倒れながらも、その直前に核怪獣ギラドラスを召喚します。

核怪獣ギラドラス

ギラドラスが姿を現し、地震の原因がようやく分かった隊員たち。ギラドラスは天候を変えられる特殊能力があり、ウルトラセブンとの戦闘地を吹雪に変えてしまいます。

こちらもスノードームで再現されたシーンですね! ちなみに、ギラドラスは最後、セブンの必殺技「アイスラッガー」で倒されます。

rd800_IMG_7120

rd800_IMG_7119

どちらの商品も、雪の降りしきる地を舞台とした回をモチーフにしたため、スノードームの趣旨にぴったりマッチした商品となっています。台座部分もウルトラマン、ウルトラセブンの胸をそれぞれかたどったもので、ここにもウルトラマンファンを唸らせるこだわりを感じられますね。

寒さが厳しくなってくるこの時期、テーブルや机の上に飾って、「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」に熱狂していたあの頃を思い出してみてくださいね。

 

ultraj-logo

◇ウルトラマン・スノードーム「まぼろしの雪山」

◇ウルトラセブン・スノードーム「地震源Xを倒せ」
価格:各2970円(税込)

サイズ:ガラス球80mm 全高105mm
素材:ガラス・レジン・ゴム・水
製造:クールラッシュ(東京都荒川区)
http://www.coolrash.com/

 

【使用上の注意】
・ガラス製のため転倒や落下で破損する恐れがありますので、お取り扱いには十分ご注意ください。
・設置・保存環境の変化により水が濁る場合があります。
・直射日光の当たる場所や窓際に置かないでください。ガラスのレンズ作用により火災の原因になる恐れがあります。
・本品は玩具ではありません。対象年齢未満のお子様の手の届かない場所で保管・ご使用ください。
・破損や変形が生じた場合はただちに使用を止めてケガをしないように細心の注意をして破棄してください。
・商品の特質上、気泡が入る場合があります。また手作りのため塗装や形状に若干の個体差があります。ご了承ください。
・対象年齢12歳以上。

©円谷プロ