ウルトラJ

2018.01.06山口県 萩市

グッズ
人気怪獣ジャミラが「萩焼」のお皿に! その名エピソードを覚えていますか?!

ウルトラマン
ウルトラマン

シリーズに3度登場の人気怪獣ジャミラ!

みなさんはウルトラマンに登場する「ジャミラ」という怪獣をご存知でしょうか? 独特な皮膚感と肩の盛り上がったフォルムが特徴的なジャミラは、『ウルトラマン』、『ウルトラマンパワード』、『ウルトラマン THE FIRST』と3作品に登場しました。そんなジャミラをモデルにした萩焼のお皿が、この度発売となりました。

rd800_IMG_7710

伝統工芸品として有名な萩焼は、山口県の萩市でつくられ、古くから茶人にも好まれてきました。また、そんな萩焼の技術は国の無形文化財にも指定されています。

rd800s_IMG_6889

ひび割れた質感の「貫入(かんにゅう)」

その特徴としては、一般の焼き物に比べて吸水性が高い点と、陶土と釉薬(ゆうやく)の絶妙な混ぜ具合によって生じる「貫入(かんにゅう)」が挙げられます。貫入とは、焼き上がった時に表面の釉薬がひび割れたような状態になることで、見た目にも非常に味わい深い質感に。こちらのお皿では、その貫入がジャミラのヒビ割れた肌を表現しています。

rd800_ulm_hd_cap_23_03

萩焼の貫入のひび割れ具合に近いジャミラの肌質

まだまだこれだけではありません。萩焼を包む布と外箱にもこだわりがあります。

rd800_IMG_7687

rd800_IMG_7695s

そのこだわりを紹介するにあたって、まずはジャミラの誕生エピソードをご紹介します。

『ウルトラマン』での登場は第23話「故郷は地球」。このタイトルにある通り、ジャミラは元々地球人。つまり私たちと同じ人間だったのです!

人間だったときのジャミラは、優秀な宇宙飛行士でした。しかし有人衛星実験の失敗により、水のない惑星に不時着。国際批判を恐れた自国に見捨てられ、救助されないまま不時着した星で生きるために粘土質の体持つ怪獣へと変貌を遂げました。そんな仕打ちを受けたジャミラは、自分を見捨てた祖国への復讐心を持って地球に舞い戻ってきたのです。

jamilar

口から100万度の炎を吐ける能力と、インド象の5000倍もの腕力を持つ強力なジャミラ。その弱点は、意外なことに「水」……そう、火には強くなった代わりに、水には弱くなってしまったのです! それを見抜いたイデ隊員たちに人工降雨弾などの攻撃を受け、最後にはウルトラマンのジェット水流によって絶命してしまいます。

taro_151117jamira02

ジャミラは「人間」であった事実を隠蔽され、「怪獣」として葬り去られる悲しい存在です。ジャミラの墓標を見たイデ隊員が吐き捨てた「犠牲者はいつもこうだ。文句だけは美しいけれど…」という言葉が、非常に印象に残る回でした。

このジャミラの墓標に刻まれた文が、お皿を包む布と外箱に印字されています。

『A JAMILA  (1960-1993)

ICI DORT  CE GUERRIER QUI S’EST

SACRIFIE EN QUETE D’IDEAL  POUR L’HUMANITE AINSI QUE

POUR LE PROGRES  SCIENTIFIQUE』

(訳:人類と夢と 科学の発展のために死んだ戦士の魂 ここに眠る)

この名誉に隠された悲しき真実を知るのは、科学特捜隊だけなのです。

rd800_IMG_6897

素材から厳選し、さらには外箱や布にまでこだわり、仕上げた「萩焼 ジャミラ皿」。お皿としても非常に上質な仕上がりとなっているので、ふだん使いにするもよし、コレクターアイテムとして墓標が刻まれた外箱と一緒に飾るもよしの一品です。

ちなみに萩焼は、長年使いこむことでヒビ割れにお茶などが浸透し、「七化け」と呼ばれる色の変化を起こします。つまり使い込むほどに所有者の色に染まり、自分だけの味を持つ陶器になるのです。ぜひこちらのジャミラ皿で、ウルトラ作品と萩焼の良さを長くお楽しみください。

ちなみにジャミラは水に弱いですが、本品はふつうに水洗いできますのでご安心を。

 

ultraj-logo

◇萩焼 ジャミラ皿

http://ultra-j.ponycanyon.co.jp/items/359

価格:3800円(税抜)
サイズ:縦10cm~横15cm
素材:陶器
産地:山口県

成田商事 株式会社

©円谷プロ