ウルトラJ

2018.04.03山梨県 甲府市

グッズ
普段使いもできるシックなデザイン!アトムが「甲州印伝」でシックなトートやお財布になった

鉄腕アトム
鉄腕アトム

60周年を記念して作られた「甲州印伝」のアトムグッズ

いまから7年前の2011年は、「鉄腕アトム」にとって特別な年だったことをご存じですか? 「鉄腕アトム」の原形とされる「アトム大使」の連載開始が1951年。そう、2011年は「鉄腕アトム」が世に生まれてから、ちょうど60年目だったのです!

その60周年を記念し、さまざまな記念品やコラボ商品が登場しました。日本の伝統工芸品「印伝」もそのひとつです。ここでは、甲州(現在の甲府市)の地に根付く伝統工芸、印伝とコラボした鉄腕アトム印伝コレクションをご紹介します。

印伝とは印伝革の略で、羊や鹿の皮をなめしたものを言います。印伝革は南蛮貿易が盛んだった17世紀頃に、東インドの会社から輸入されました。インド(印度)から伝来したため、それを略して「印伝」と呼ぶようになったと言われています。その後、江戸時代に入り鹿の革に漆付けをする技法が編み出され、これが甲州印伝として現在にまで伝わりました。なお、この甲州印伝は1987年に経済産業大臣指定伝統的工芸品となっています。

日本初の国産アニメ「鉄腕アトム」

そんな手塚ワールドの、メインを担う代表作品が「鉄腕アトム」。原作マンガの連載開始から約11年後にスタートしたアニメ版は、“国産初の長編テレビアニメシリーズ”としてアニメ界に金字塔を打ち立てました。

皆さんもその勇姿をきっとどこかでご覧になっているかと思います。

集合イメージ

「鉄腕アトム」印伝コレクション

そんな「鉄腕アトム」とコラボレーションした、こちらの「印伝コレクション」を手がけたのは、「印傳屋 上原勇七」です。「上原勇七」とは、印伝の技法を考案したと言われている人物。門外不出とされたその技法は、「勇七」の名とともに代々の家長にのみ口伝で伝えられました。この「印傳屋」は、その伝統を受け継いできた、江戸時代から唯一残る印伝の製造所なのです。

今回の「印伝コレクション」では、オリジナルトート、ウォレット、カードケース、ストラップと普段使いしやすいアイテムが作られました。

トート大

「鉄腕アトム」印伝コレクション・オリジナルトート

ミニトート

鉄腕アトム」印伝コレクション・オリジナルミニトート

グッズは黒く染めた鹿革に、黒い漆でアトムの顔が浮き上がるようデザインされています。キャラクターを全面に出さず、飾りとして控えめにデザインに組み込んでいるので、性別や年齢を問わず、誰でも使いやすい仕上がりになっています。洋服はもちろん、伝統工芸品だけに、着物や浴衣といった和装にも似合います。シーンを問わず使えるのも魅力的ですね。

 

「鉄腕アトム」印伝コレクション・オリジナルウォレット

 

「鉄腕アトム」印伝コレクション・カードケース

 

「印伝コレクション」にて、その伝統的な技法と並んで注目したいのがキャラクターデザインです。こちらは、有名キャラのリメイクやカワキャラデザイナーとして有名な、「tezuka moderno」ブランドを手がけている中野シロウさんが担当しています。

tezuka_200_01

アトムがキュートな2頭身にアレンジされ、目や鼻もシンプルにデフォルメされています。アトムの特徴をしっかり残しつつ、トートやウォレットの柄として使っても浮かないように、記号化されたデザインになっているんですね。

アトムは当初、脇役だった!?

ところで、「鉄腕アトム」の始まりは別のタイトルだったのをご存知でしょうか?

その名も「アトム大使」。

1961年に漫画として登場した同作は、一体どんな作品だったのでしょうか?

「アトム大使」におけるアトムは、「鉄腕アトム」とは異なり主人公ではなく脇役でした。ある日、地球にやって来た「地球人とよく似た宇宙人」が、もともと地球にいた人々と対立します。その時に、地球側の「大使」として活躍するのが、ロボットの「アトム」でした。このアトムの設定やストーリーを変更し、主人公にしたものが、後の「鉄腕アトム」なのです。

「アトム大使」の連載開始から12年後の1963年には、「鉄腕アトム」としてアニメデビューも果たします。まだ、テレビの画面が白黒のころです。今回ご紹介した「印伝コレクション」を始め、これらのアトムが現代風にアレンジされ、グッズとして蘇っているのは、世紀を超えた、まさに日本の伝統そのものです。

ストラップ

「鉄腕アトム」印伝コレクション・オリジナルストラップ

sp1_products_14

「鉄腕アトム」60周年記念ギャランティカード

また、どのアイテムも購入すると、「オリジナル限定チャーム」、「アトムデビュー60周年記念ギャランティーカード」、「オリジナル縫いタグ・オリジナルアトム柄入りボックス」がついてきます。60周年記念のギャランティカードは、アニバーサリー記念としてぜひ手にしたいオマケアイテムですね!

大人になると、大好きなアニメや漫画キャラがデカデカとデザインされたグッズはなかなか使いにくいものです。しかし、この「印伝コレクション」は、アトムが控えめながらも上品に自己主張する、デザイン性に優れた革アイテムです。キャラグッズは使いたいけど、派手なものを使うのはちょっと……とお考えの方には、ピッタリのアイテムではないでしょうか?

ぜひ、購入を検討してみてください。


鉄腕アトムデビュー60周年記念 印伝コレクション

限定オリジナルトート
単価:159,840円
サイズ:43cm×25cm×0.4cm

限定オリジナルミニトート
単価:18,144円
サイズ:16.5cm×8.5cm×2.5cm

限定オリジナルウォレット
単価:41,040円
サイズ:10cm×19cm×2.5cm

限定オリジナルカードケース
単価:10,584円
サイズ:6.5cm×11.5cm×0.6cm

限定オリジナルストラップ
単価:10,584 円
サイズ:11cm×1.7cm×0.4cm

ご購入はこちらより。

株式会社印傳屋 上原勇七

©手塚プロダクション