ウルトラJ

2018.04.08京都府 京都市

グッズ
京都の老舗がつくる、ウルトラマンの「ぽち袋」が登場!

ウルトラマンシリーズ
ウルトラマンシリーズ

お年玉やちょっとしたプレゼントなどを入れる、小さな封筒の「ぽち袋」。何気ない心付けで渡す袋にもこだわりを持ちたい。そんな方にオススメなのが、京都の御朱印帳専門店「京都 紫音」「ウルトラセブン ぼち袋」です。

rd1600_DSC06871s

「ぽち袋」の「ぽち」の意味は?

今回、ご紹介するぽち袋は、大きく分けて「活版」「和柄」の2種類。活版には、水墨画で描かれたウルトラセブンが、和柄には、「ウルトラセブン」の人気キャラクターと和柄を組み合わせた3バリエーションの模様が描かれています。

ぽち袋といえば、お正月のお年玉が定番ですね。でも、意外と使える場面は多いのです。ちょっとしたお金を入れて渡す際はもちろん、小さなお菓子を入れるのも粋かもしれませんね。もともと、ぽち袋にはチップを入れるものとして始まった歴史があります。ちなみに「ぽち袋」の「ぽち」は、「これっぽっち」=「わずか」の意味から来ているんだそうです。日本人の美徳の一つである「謙遜」の心が、こうしたところにも表れているんですね。

そんな「心」を伝えられるぽち袋に、柄まで粋なものを選んでいたら、さらにスマートに見えませんか? じつは今回ご紹介するこれらの商品は、ウルトラセブンをモチーフにしつつも、ちょっとしたこだわりがあるのです。

rd1600_DSC06863s

水墨画で描かれた「ウルトラセブンぽち袋」

まずは、こちらの活版タイプのものからご紹介します。こちらはウルトラセブンの戦闘中のポーズが水墨画で描かれています。荒々しいタッチが臨場感を演出し、クールなデザインは子供だけじゃなく、大人がもらっても嬉しいデザインとなっていますね。

また、活版印刷ならではのレトロな雰囲気は水墨画とも非常に相性がよく、さらに放送当時の時代感も絶妙に演出しています。当時を知る大人の方であればきっと喜ばれるぽち袋なんですね。

rd1600_DSC06875s

続いては和柄のタイプとなります。カラーは水色・赤・緑という3色展開で、3つの柄が1セットになっています。キャラクターはそれぞれ「ウルトラセブンとメトロン星人」、「ウルトラセブンとキングジョー」、「ウルトラセブンとエレキング」が描かれています。

水色のぽち袋は、ウルトラセブンとメトロン星人

rd1600_DSC06875s_a

日本の伝統的な模様である青梅波は、末広がりに広がっていく形なので縁起が良く、平穏な暮らしがいつまでも続くようにという意味が込められています。ぽち袋を渡す相手に、小さな祈りを送れるのも素敵ですね。

赤色のぽち袋は、ウルトラセブンとキングジョー

rd1600_DSC06875s_b

使われているのが毘沙門亀甲模様。毘沙門天の財宝富を守る意味が込められています。キングジョーの金色がなにやら財宝の色に見えてくるような気がしますね。

緑色のぽち袋は、ウルトラセブンとエレキングです。

rd1600_DSC06875s_c

こちらには唐草模様を使用。唐草模様には未来永劫栄えるという意味があり、一族の繁栄や、長寿の願いが込められています。

このように、縁起の良い絵柄が組み合わされたぽち袋。その中に描かれているキャラクターたちも、どこか可愛らしい雰囲気ですね。

しかしながら、これらの怪獣たちは劇中ではヒーローたちと激しい戦いを繰り広げてきた面々です。ということで、ぽち袋を手渡す際に、ちょっとしたエピソードも合わせて紹介できるように、ここではキャラクターたちの登場回もおさらいして行きましょう!

 

「ウルトラセブン」に出てきた怪獣たちとは!?

「ウルトラセブン」は、「ウルトラQ」、「ウルトラマン」(ともに1966年)に続く、円谷プロの「空想特撮シリーズ」第3弾です。1967年に放送開始してから現在に至るまで、多くのファンに愛されています。

rd600rd_D0040282_sub

ウルトラセブンの正体は、M78星雲からやってきた宇宙人、モロボシ・ダン。彼は地球を守るため、ウルトラ警備隊に協力したことをきっかけに、超能力を駆使して侵略宇宙人や宇宙怪獣と戦っていきます。

メトロン星人の登場は、第8話「狙われた街」。とくにモロボシ・ダンとちゃぶ台を挟むシーンは有名ですね。「信頼関係を失ったら人間は自滅する」という、人類の本質的な弱点を突く様子は、大人のウルトラファンも考えさせられるお話でした。もちろん、今回のぽち袋にも、有名なちゃぶ台が描かれています。

rd800_R_ultra_seven_#08 3022c

キングジョー第14話「ウルトラ警備隊西へ 前編」、第15話「ウルトラ警備隊西へ 後編」に出てくるロボット怪獣です。頭、胸、腹、足の4機の宇宙船に分離合体が可能で、格闘能力が高いことも特徴です。キングの名がふさわしいですね。

rd800_R_D0050185c

エレキングは、第3話「湖の秘密」で登場。ちょっぴりコミカルなルックスながらも、電撃を操る強力な生物兵器です。長い尻尾で巻き込み、電気ショックを起こします。でも、ぽち袋の絵柄になると、さらにかわいく見えるような気がしますね。

rd800_R_D0040089c

ウルトラセブンのかっこよさはもちろん、戦う怪獣たちの特徴も取り入れたこのぽち袋は、放送当時を思い出させてくれそうですね。ウルトラマンシリーズが好きな子どもはもちろん、当時、リアルタイムで観ていた大人たちも、ぽち袋を見せただけで盛り上がりそうです。また、ビジネスシーンの息抜き、和ませアイテムとしても使えそうですね。

このように、ちょっとした心遣いと、その場の話題を提供するファングッズとして、ぜひお手元に1つ用意しておいてはいかがでしょうか?

 

ultraj-logo

 

ウルトラぽち袋(活版)
価格:900円+税

サイズ:88cm×182cm
素材:エアーヘンプ
産地:日本

ウルトラぽち袋(和柄・メトロン星人・エレキング・キングジョー3柄1セット)
価格:300円+税

サイズ:60cm×98cm
素材:上質紙kg
産地:日本

ご購入はこちらより。

京都 紫音

©円谷プロ